ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて夏休みを振り返ろう第三弾ですよ。
また間隔あいちゃいました。夏休みが終わるまでに書き終わるのか不安です

前回までの記事
5年生の夏休みを振り返ってみる①(NOSAI実習)
5年生の夏休みを振り返ってみる②(IVSA アジアンカンファレンス)

ちなみに今自分は夏休み中の集中講義ということで毎日学校に行ってます。本来の授業編成であれば、十月から授業なんで本当ならまだ夏休みなんですけどねー。まぁ授業なくても研究室には用あるので行きますが。

さてそれでは本題。今回は③の全国獣医学生交流会ですね。
これはたまに僕のブログで話題に出てくるJAVSのイベントです。全国にいる獣医学生が一か所に集まって行うイベントで、結構大規模です。昨年度の夏と春も同様のイベントを行う予定だったのですが、口蹄疫と震災の影響でやむなく中止に・・。ということで今回は一昨年度の春ぶり、約1年半ぶりの交流会でした。

日程としては二日間。一日目は宮崎大の先生をお呼びして口蹄疫の現場の話を聴いたり、公務員や小動物臨床等、各分野の先生をお呼びして分科会という形でお話を聴いたりしました。そのあと、将来どういう道に進みたいかで、学生が分かれディスカッションをしたり(これも臨床や製薬などの分野があったのですが、自分は公務員分野に行きました)、プログラム終了後に懇親会を開いたりしました。自分自身は運営スタッフの一員だったので、ちょくちょく企画を抜けだして仕事をすることもあったのですが、結構企画自体も参加できるようにしていたので楽しめました。実際に自分が興味ある分野で働かれている先輩のお話も聞けたので、とても参考になりました。

さて二日目。二日目は一日交流を目的とした「獣医学生オールスター」という企画をしました。元ネタはあの番組です(笑)で、実際にあの番組みたいにでかい画面にクイズが問題がボーンと出たりしました。PCを駆使してやったみたいで、すごかったです。スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした・・。あとはクイズの合間にパイ投げじゃんけんなどのミニゲームもはさみ、一緒にチームを組んだ人を始めいろんな人と仲良くなれました。

とりあえずさらっとはこんな感じでしょうか。
一年の頃からこの交流会には毎回欠かさず出ているのですが、今回も出てみてやはり後悔はありませんでした。というか上級生になってより将来のビジョンが固まってきていることもあるのか、得るものが下級生だった時より多い気がします。下級生の時は、講演を聴いたり、他の人とディスカッションをしていても、知識もなく自分で考えるというのがなかなかできなかったため受け身的になっていたことが多かったです。しかし上級生になるとある程度知識もあるので、同じ講演を聞くにしても自分で考えながら話を聞くことができるからかな、と今ふと思いました。自分の中にある程度下地があれば、より知識を吸収しやすいんですかね。

あと日頃帯広にいると、他の大学の獣医学生と面を向かって話すことはあまりないため、色々他大の話も聞けて新鮮でした。たとえ学年、大学が違っても、「同じ獣医学を学ぶ仲間」という共感というか仲間意識があるから仲良くなりやすいのかな、とも思います。たとえ専門知識がない下級生の子でも今まで自分が考えもしなかったことを心に秘めている子もいるので、そういう子と話ができると脳内ドーパミンがバンバン出るので、そういう子は大好きです。そんな日頃体験できない経験をできるから、自分はまだJAVSにいて、出来る限りイベントに出ようとしているのかもしれませんね。

今回の交流会でも多くの出会いと共に、多くの刺激を受けました。お世話になった方全てに感謝。

では今回はここで話を締めようと思います。また次回。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/203-3528669c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。