ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて時間が空きましたが、夏休みを振り返ろう第二弾です。

前回:5年生の夏休みを振り返ってみる①(NOSAI実習)
 
今回書くのは「2、IVSA アジアンカンファレンス」ですねー。
さてそもそもIVSAとは何ぞやってとこから始めないといけないですねw

大きく言っちゃうと、全世界規模の獣医学生団体です。歴史はすでに60年弱あり、世界40カ国が加盟しているみたいです。
詳しくはこちらを参考に⇒http://ivsajapan.okoshi-yasu.com/whatsus.html

で、このIVSAには日本も加盟しており、日本支部のことをIVSA-Jと言います。
このIVSA自体は全世界で定期的に色々なイベントや会議をしており、その中にアジア圏内の獣医学生が一堂に集まる、「アジアンカンファレンス」というものがあります。
で、今回はそのアジアンカンファレンスが日本で行われると聞き、参加してきました―。一年のころからIVSA自体は知っていたのですが、イベントの会場が団体柄、海外になることも多く行けなかったんですよねー。ということで今回IVSAのイベントには初の参加でした。

よし、ようやくここまでで事前説明終わりw 伝わったかどうかはわかりませんがw
ではここからイベントの内容紹介。

今回のアジアンカンファ(こんな風に略すそうです。ここでも以下はこれで)は全三日の日程で行われましたが、自分は中一日以外の最初と最後の日だけ参加してきました。
内容的には海外の獣医学生と班を作って色々話したり、あとは先生を数人ゲストにお呼びして講演していただき、それを一緒に聞いたりしました。今回参加した国は韓国、タイ、ネパール等の人たちでした。割合的には韓国の人多かったかなー。

講演の内容等も大変勉強になったんですが、それ以上に海外の獣医学生と話せたのが自分にとっては非常にイイ経験になりました。自分の英語力が拙いので、そこまで専門的な話題まで踏めこめなかったのは残念でしたが、少し話を聞いただけで大分学校のシステムとかも違うんだなーと感じました。基本的に会話が英語だったので、結構頭も使いましたw
少し英語に対する壁というか抵抗は無くなったかなー。話せるようになりたい。

そしてあと思ったのは、海外の獣医学生たちのアクティブさ。やっぱ自分の国から飛び出してこんな日本まで来てるだけあって、色んな意味でアクティブなんですよね。何人かの韓国人メンバーとイベント後に一緒に居酒屋行ったんですが、メニュー見て「これ何何!?」ってすごい知りたがるんですよね。そう思うこともすごいことだと思うんですよ。知識欲がどん欲というか。自分も見習わないなーと思いました。酒が進むと下ネタの方に走るのは世界共通だなとも思いましたw

とりあえずイベントについてはこんな感じですかねー。
なんかアバウトな事しか話してないですが、まぁ自分のための記録が主目的なので。

まぁ実際の話、獣医学ってのは全世界どこでも必要な学問であって、色んな意味で鎖国的なものになってはいけないものだと思います。知識も技術も日本にしかないものもあるかもしれない。そして逆のケースも多くあると思います。また知識や技術だけではく、獣医を取り巻く環境や制度、獣医学教育においても自分の国で問題になっていることの解決策をどこかの国が元々持っていたりすでにやっているかもしれない。すでに日本は獣医学的にもグローバル的になってきてはいるとは思いますが、常に「世界から学び、世界に広める」という意識は常に持ちたいなーと思いました。
イチ獣医学生が偉そうに思ってることを言ってみました(笑)

では次は3ですねー。また更新します。
ではでは。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/202-a059fd68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。