ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども。
お久しぶりです。授業が本格的になってくるとなかなかブログ更新もできないですね・・

今回の記事とある読んだ本について。個人的にすごい興味深かったので、書評まではいかないですが感想など書き残してみます。

エピデミックエピデミック
(2007/12)
川端 裕人

商品詳細を見る


本のタイトルは「エピデミック」。
なんとまぁ仰々しい名前。よくニュース等で「パンデミック」という言葉は聞いたことあると思うのですが、このエピデミックとの違いはわかりますか?
(あまり参考にはしたくないのですが)ウィキの説明がわかりやすかったので、以下に記します。

エンデミック(地域流行)
地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。この段階ではまだ、いわゆる「流行」とは見なされないこともあり、風土病もエンデミックの一種に当たる。
エピデミック(流行)
感染範囲や患者数の規模が拡大(アウトブレイク)したもの。比較的広い(国内~数カ国を含む)一定の範囲で、多くの患者が発生する。
パンデミック(汎発流行)
さらに流行の規模が大きくなり、複数の国や地域に亘って(=世界的、汎発的に)、さらに多くの患者が発生するもの。

まぁ要するに「パンデミック>エピデミック」という解釈でOKです。
といっても感染症やその時の状況で言葉の使い方(というかその状況がどの言葉で表わされるか)は変わるそうなのですが。

と、ここまで書いたことでわかるかとは思いますが、この本は「感染症を扱った小説」です。
感染症を題材にした小説や映画はたくさんあります。しかしこの本はそれらとは一つ違う、感染症に関連したある学問をテーマの中心に持ってきています。
それこそが自分が今回ブログでこの本を取り上げようと思った理由です。

その学問というのは「疫学」。
多分生物学をやってる人以外ではあまり聴きなれない言葉かもしれません・・。

疫学について書こうとするとそれだけで数記事はいきそうなので、こちらを見てくださいw(丸投げ)
時間ない人は観なくてオーケーです(適当

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%AB%E5%AD%A6

要するに「(感染症に限らず)何かしら集団で病気が発生した場合、その原因はどーなんよー。どういう経路で広まってるんよー。ということを調べる手法」です。マジでおおざっぱに言うと。

で、この本が普通の感染症やパンデミックを扱った本と違うのはこの「疫学」を扱ってるから。
あらすじ的には「ある地域で起こった謎の感染症。発症者はどんどん増え、死者まででてくる・・。そのような状況を打破すべく、主人公たちは「疫学」を用いて「感染源=元栓」を発見をしようと奔走する、というもの」

科学的に感染ルートを見つけていく、推測して行動するストーリーは読み物としても面白いです。現代の日本でどれだけ疫学が実践的に使われてるかは不勉強のためよく知りません。
ただあまり日本では有効視というか重要な方法として見られてないと聞いたことはあります。自分も大学で授業受けたのに、あまり興味はひかれていませんでした・・(反省)
感染症に興味あるとか言ってるのに・・(猛省)

けど、この本を読んでその感覚はすっかり無くなりました。疫学、すごい。
将来実際に自分が使うかどうかはわからないけど、「疫学的な思考、視点」というのは使えそう。
ちょっとこれをきっかけに疫学についてもアンテナ広げていこうかなと思います。

ということで「エピデミック」おススメです。
感染症とかわかんなくても、単純に読み物としても面白いですよ。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/197-245057fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。