ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※この記事を読む場合は最初にこちらの記事を見てください(見たことある人はそのまま下に)
  ⇒「とある四畳半における春雨氏の日常


読者諸賢。お久しぶりである。

さて、春雨氏が日々の思考を漏らすがごとく書いているこのブログであるが、
最近、とうに更新がされていない。なぜだろうか。
もしかしたら春雨氏の身に何かあったのかもしれん。
もし彼に何かあり再起不能となったら我が国の大いなる損害である!

ということで最近の春雨氏の日常風景を覗いてみよう。
覗きといっても犯罪ではないのであしからず。私は紳士だ。



     なにか巨大な毛むくじゃらのものとそれに対峙する春雨氏。
     毛むくじゃらの化け物は地球の重力に負けるようにゆっくりと倒れていく。

      
     「ハァハァハァ・・・ようやくレポート三郎を倒したぞ・・
      これでようやく本を読める。いざ黒髪の乙女のところへ!」

     歓喜する春雨氏。
 
     「どすっどすっどすっ」
     
     突然、春雨氏の背後から聞こえてきた何かの足音のような音。      

    「ん?なんだこのきわめて不快な音は」
   
     音のする方向へ振り返る春雨氏。
     そこにはとてつもない大きさに成長した試験次郎の姿が。

「う、うわあああああああああああああああああああ」

     試験次郎から逃げるように走り出す春雨氏。 
     それを追いかける毛むくじゃらの試験次郎。
     ふたり(?)の姿はあっという間に地平線に吸い込まれていって見えなくなった。


・・・申し訳ない、読者諸賢。
ごらんのとおり、春雨氏は現在、巨大化した試験次郎に追われていて、とてもブログを更新できるような状況ではない。
一瞬でも隙を見せれば彼は試験次郎に飲み込まれるであろう。

しかし!
勇敢なる春雨氏はどれだけボロボロになろうとも、きっとここに帰ってくるだろう。
それまではこのブログは休止状態になる。しかしおそらく二月には春雨氏も見事次郎を撃破しているはずだ。
もしかしたらそれ以前でも春雨氏がその機敏な敏捷さを発揮し、試験次郎の一瞬をつき更新をするかもしれない。
しかしそれはかなり可能性の低いことだと思われる。

今、我々にできることは、春雨氏が一日でも早く、そして少しでも傷が少ない状態で、
ここに帰ってくることを祈ることだ。

さぁ!みんなで祈ろうではないか!!

せーのぉ・・・

「なむなむ!!!」


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/174-83cd55fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。