ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。春雨です。

昨日今日の二日間はわが大学獣医学科の卒論発表会でした。
卒論発表会と言うのは、大学行ってる方はわかるかもしれませんが、卒業論文発表会の略です。
卒論というのは何と説明すればいいんですかねぇ・・

ということで我らがwiki先生に聞いてみると

卒業論文(そつぎょうろんぶん)は、大学(短期大学を含む)及び高等専門学校に所属する主に最終学年の学生が、その最終学年の一年間を通しておこなう卒業研究の成果として提出する論文の事である。

とのこと。

あーなるほど。
確かに的確な説明ですね。

ただ獣医学科では3~5年生で研究室に入る人もいるので、早い人では3年間ずっと卒論のために研究をやる人もいるかもですね(同じ獣医学科でも大学によって研究室に入る時期は違います)。
ちなみにうちのラボでは5年生くらいから卒論をやりだす人が多いかな?所属は4年生からなんですが、実際にがっつし研究始めるのも5年生くらいからです。
となると獣医学科の卒論は1年と言うか2~3年かけて研究した論文って感じですかね。

wikiでも書いてますが、医学部は卒論はなく卒業試験がその代わりらしいですね。
医学部の知り合いもそう言えばそんなこといってたなー。
wikiでは理由は「国家試験の対策(模試)のため」と書いてますが、獣医もあるよ・・(´・ω・)

普通の4年制ではいつが卒論発表か分かりませんが、基本的に獣医学科はどの大学もこの時期らしいですね。
まぁ2月末に獣医師国家試験(通称、国試)があるからその勉強期間を設けるためなんですが。

ていうかここまで卒論発表会の説明だけで埋まっちゃったよ、おい。
普通に卒論発表会の感想とか言って短めで終わろうかなと思ってたのに←


まぁいいや←
ではでは本題に。

そんなこんなで昨日今日と卒論発表会でした。
一日目は臨床系、二日目は基礎系と言うことでうちのラボの先輩方の発表は今日でした。

まぁ内容としては事前にゼミ内での予演会(リハーサル的な)で知ってはいたんですが、やっぱすごいです先輩方。すごい堂々と発表してたっすもん。

うちの大学のスタイルではパワーポイントを使って発表をするんですが、発表後に質疑応答があるんですよ。
この質疑応答が怖いw 
結構他研究室(ラボ)の先生方も見学に来るんですが、質問が容赦ないw
そこ聞くのかよ!とか見学者ながら思ってましたw
二年後にあの場にいると考えると((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そして発表後は研究室内でプチお疲れ様会を開催~。
と言っても花束渡してケーキ食うという簡素なものでしたがー。
発表を終えた先輩方のほっとした顔が印象的でした。自分が言うのもおこがましいですが、本当にお疲れさまでした。

他の発表もいくつか聞いたのですが、それなりに収穫はありました。
今後自分のためにも活かせればいいな~~。


今日も今日とてクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/152-e46de153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。