ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎月恒例の「今月読んだ本まとめだよぉ。
今回は久しぶりに「続きを読む」からではなく、本文にそのまま載せてみました。
つまりこページのままで、他のページにとばなくて大丈夫です。
若干本文長くて読みにくくなってる感もありますが、もしそうであったら遠慮なく言ってください。
来月から考慮しますので。

今月は大学始まった割にはそれなりに読めた方かな、と。

ラノベと漫画が多いのはいつものことなので気にしないw
11月も色々と読んでいきたいと思います。すでに積読本が半端ないですがw

では今日はこの辺で!
読んだ本のリストは以下にあるよ!

10月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2964ページ

最終兵器彼女 (3) (ビッグコミックス)最終兵器彼女 (3) (ビッグコミックス)
読了日:10月29日 著者:高橋 しん
最終兵器彼女 (2) (ビッグコミックス)最終兵器彼女 (2) (ビッグコミックス)
読了日:10月28日 著者:高橋 しん
最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)
読了日:10月28日 著者:高橋 しん
ティファニーで朝食を (新潮文庫)ティファニーで朝食を (新潮文庫)
特に大それたテーマも大きな事件もない。時代背景が現代の日本ではなく、第二次世界大戦下のニューヨークということで新鮮さはあった。だけど、内容自体は退屈な日常をただ書いたもの。けど、ついつい読みこんでしまった。なんでそうなったかはいまだにわからない。構表題作以外の作品も結構おもしろかった。
読了日:10月27日 著者:トルーマン カポーティ
バカの壁 (新潮新書)バカの壁 (新潮新書)
養老節ここにありって感じでした。決して自分の意見を読者に押し付けるわけではなく、問題提起して読者に考えさせる。結論が無いのは物足りないとも言えるけど、色んな問題に対して目を向けるようになtったのは事実。文章自体も論理明晰でわかりやすかったです。
読了日:10月25日 著者:養老 孟司
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈12〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス)〈12〉 (電撃文庫)
今回は閑話休題な感じなのかなーと思ってたらラストはなかなか急展開。時間が木になるところですが、今巻は新キャラ含む色んなキャラが出てきて面白かったです。ねーやん最強。
読了日:10月24日 著者:鎌池 和馬
とある魔術の禁書目録(インデックス)〈11〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス)〈11〉 (電撃文庫)
フラグ立ちっぱですね。上条さん。今回は歴史チックでラスボスもなかなか壊れていてよかったかも。さてさて次はどうなるかな。
読了日:10月23日 著者:鎌池 和馬
アクセル・ワールド 6 (電撃文庫 か 16-11)アクセル・ワールド 6 (電撃文庫 か 16-11)
よく考えるととことん中二病臭プンプンするんだけど、面白いんだよなぁ。
読了日:10月17日 著者:川原 礫
煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
何これ。ニヤニヤがとまらないんですけど(笑)「なんとなく居心地がいい」から「会いたい」、そして「好き」と徐々に気持ちが変わっていく描写がすばらしい。学生のような純粋な恋ではないし、だからといって駆け引きがある恋はいやだ。そんななんともいえないラブコメ。久々に当たり引いた!
読了日:10月10日 著者:秋★枝
伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力 (PHPビジネス新書)
今話題の池上さんの本。けど、この本が最初に出たときは、まだ池上さんブーム(?)起こる前だったんだ。けど、やっぱわかりやすい文章ですね。珍しいことや真新しいことは何も言ってない。けどわかりやすい。
読了日:10月10日 著者:池上 彰
バクマン。 10 (ジャンプコミックス)バクマン。 10 (ジャンプコミックス)
読了日:10月08日 著者:小畑 健
沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)
ようやく読破。いろんな意味でショックが大きい本だった。もちろんこれが全て真実ではないと思うし、多少誇張はあると思う。ただここに書かれてる半分、もとい十分の一でも真実があるのなら、それでも十分すぎるほどの大問題だ。組織運営や改変の難しさを感じた。
読了日:10月03日 著者:山崎 豊子
麻原彰晃の誕生 (文春新書)麻原彰晃の誕生 (文春新書)
ふと「自分オウムとかこの人に関して何も知らないな」と思って読むことに。なぜ、彼がああなってしまったのか、これを読んで全てがわかるわけではない。ただその変化をもたらした原因や環境の一片は垣間見えた気がする。もうちょっとこの関係の本読んでみようかな。
読了日:10月03日 著者:高山 文彦

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^

本をいっぱい読んでいるんですね(´ω`)ノ
私は、あまり本は読まない人です(;´Д`)
新聞は毎日読んでますが…
2010/11/07(日) 19:27 | URL | ノッツッツ #RAa2TALo[ 編集]
>ノッツッツさん
※レス遅れてすいません~><

活字中毒なだけです。。
僕も一応新聞とって毎日見てますよ~。
2010/11/10(水) 23:47 | URL | 春雨 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://harusame1118.blog26.fc2.com/tb.php/149-df74319f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。