ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども。
お久しぶりです。授業が本格的になってくるとなかなかブログ更新もできないですね・・

今回の記事とある読んだ本について。個人的にすごい興味深かったので、書評まではいかないですが感想など書き残してみます。

エピデミックエピデミック
(2007/12)
川端 裕人

商品詳細を見る


本のタイトルは「エピデミック」。
なんとまぁ仰々しい名前。よくニュース等で「パンデミック」という言葉は聞いたことあると思うのですが、このエピデミックとの違いはわかりますか?
(あまり参考にはしたくないのですが)ウィキの説明がわかりやすかったので、以下に記します。

エンデミック(地域流行)
地域的に狭い範囲に限定され、患者数も比較的少なく、拡大のスピードも比較的遅い状態。この段階ではまだ、いわゆる「流行」とは見なされないこともあり、風土病もエンデミックの一種に当たる。
エピデミック(流行)
感染範囲や患者数の規模が拡大(アウトブレイク)したもの。比較的広い(国内~数カ国を含む)一定の範囲で、多くの患者が発生する。
パンデミック(汎発流行)
さらに流行の規模が大きくなり、複数の国や地域に亘って(=世界的、汎発的に)、さらに多くの患者が発生するもの。

まぁ要するに「パンデミック>エピデミック」という解釈でOKです。
といっても感染症やその時の状況で言葉の使い方(というかその状況がどの言葉で表わされるか)は変わるそうなのですが。

と、ここまで書いたことでわかるかとは思いますが、この本は「感染症を扱った小説」です。
感染症を題材にした小説や映画はたくさんあります。しかしこの本はそれらとは一つ違う、感染症に関連したある学問をテーマの中心に持ってきています。
それこそが自分が今回ブログでこの本を取り上げようと思った理由です。

その学問というのは「疫学」。
多分生物学をやってる人以外ではあまり聴きなれない言葉かもしれません・・。

疫学について書こうとするとそれだけで数記事はいきそうなので、こちらを見てくださいw(丸投げ)
時間ない人は観なくてオーケーです(適当

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%AB%E5%AD%A6

要するに「(感染症に限らず)何かしら集団で病気が発生した場合、その原因はどーなんよー。どういう経路で広まってるんよー。ということを調べる手法」です。マジでおおざっぱに言うと。

で、この本が普通の感染症やパンデミックを扱った本と違うのはこの「疫学」を扱ってるから。
あらすじ的には「ある地域で起こった謎の感染症。発症者はどんどん増え、死者まででてくる・・。そのような状況を打破すべく、主人公たちは「疫学」を用いて「感染源=元栓」を発見をしようと奔走する、というもの」

科学的に感染ルートを見つけていく、推測して行動するストーリーは読み物としても面白いです。現代の日本でどれだけ疫学が実践的に使われてるかは不勉強のためよく知りません。
ただあまり日本では有効視というか重要な方法として見られてないと聞いたことはあります。自分も大学で授業受けたのに、あまり興味はひかれていませんでした・・(反省)
感染症に興味あるとか言ってるのに・・(猛省)

けど、この本を読んでその感覚はすっかり無くなりました。疫学、すごい。
将来実際に自分が使うかどうかはわからないけど、「疫学的な思考、視点」というのは使えそう。
ちょっとこれをきっかけに疫学についてもアンテナ広げていこうかなと思います。

ということで「エピデミック」おススメです。
感染症とかわかんなくても、単純に読み物としても面白いですよ。


人気ブログランキングへ

今日は学内で開かれた「放射線業務従事者の教育」セミナーに出席してきました。
これは学内で放射線を使用する実験を行うものは必ず受けないといけないもので、
自分も今やってる研究でそのうち放射線を使う可能性があったので、受けてきました。
年に一回しか開かれないので、これ見逃したら今年一年放射性物質使う実験できないし。。

内容は放射線とはなんなのかの講義から始まり、放射線使用を取り巻く法律、安全に放射性同位元素(アイソトープ)を扱うには・・などなど
ビデオを含めながら4時間弱ほど受けてきました―。
今日の感想としては自分もわかっているふりをしながら今日の講義では初めて知ったことや、頭の中でぐちゃぐちゃになっていた知識が整理されてなかなかよかったです。

原発事故のこともあり、放射線については色々と議論が巻き起こってる今日この頃。事故についてはもちろん大問題で、これからも様々な対処をしていかなければならないと思います。
けど、今回目についたのは極端な「風評被害」。たしかに放射線は見えないし、臭わないしよくわからないものって思っちゃう気持は分かります。
けど感染症に対してと同じように「正しく怖がる」ってことは放射線を知る上でも必要だと思います。
ただ、放射線について知る機会ってあまりないとも思うのです。特に自分のように理系じゃないとね。
今回この騒動の関係でTVなどでも放射線について説明する番組も多くありました。けど逆に「メディアは事実を隠ぺいしている!」って逆に反応しちゃう人もいると思うんです。
んで、それが新たな風評被害を生むことも。ツイッターでも似たような騒ぎ見ましたし。

個人的にはそういう時こそ「身近な専門家」が必要だと思うのです。TV等で説明するのも大きな意味はあるけど、あくまで一方通行。
それこそ「TVが事実を隠ぺいしている!」と言われて、それに対してちゃんとしたデータを提示しても発言してもいたちごっこ・・・。
まぁそういう人は無視する、ってのもひとつの手だと思うのですが、そういう時にその人の身近でちゃんと対話可能な状況にある「詳しい人」がいれば、
問題は解決できるのではないかなあっと・・。もちろん全部解決できるとは思いませんが。

やはり不安を解決するのに一番強いのは「直接会って話し合うこと」だと自分は考えてます。
ネットやTVも多人数に効果があるという面では強いけど、そういうアナログな面もあってのもの。

なんか何が言いたいか論点ずれてきましたが、自分が言いたかったことは「自分がそういう身近な専門家」になれたらいいなということ。
上記の放射線についてもそうですが、ペット問題や感染症など獣医学科に通う自分はそういうことを学べる、もしくは学びやすい環境にいます。
限られた分野限定ですが、他人がなにか疑問、不安を持っていたら説明できて、解消できるようになりたいなあと思います。

ま、結局勉強を頑張らねばといういつものオチにいくのですが(笑)
まぁちょうど放射線について講義を受けて思ったことを書いてみました。

放射線は怖いものであるけど、有効なものでもあります。これがなければ現代の色んな分野の発展はなかった。
うまく付き合っていくことが大事だと思います。けど自分が思ってるだけではだめ。
周りの人も思ってくれればなおハッピーです。
繰り返しになりますが、そのためには自分がしっかりとそれについて理解し、周りに説明できるようにならねば。

人気ブログランキングへ


新年度になって早くも半月近くがたちました。
授業も一回りして、ようやく休みボケから復活してきました(遅

5年生でも授業はまあまああるのですが、4年生の時に比べればはるかに少なく負担も少ないので、今ンとこキツイなどの気持はありません。
4年生の時は結構体力的にきつかったです(笑)
基本的には臨床系(外科やら内科やら)がほとんどなのですが、基礎の復習にもなって個人的にはいい感じです。なにより基礎系の知識はすっかすかで色々忘れてるので、
授業後に復習する=基礎の復習になる、といういいペース。将来の展望もなんとなく決まってきたので今のところモチベーション高めです。このままがんばれ、自分。

研究室の方も新入生に色々と教えたりしてますが、入ってきた3人中2人は元々からの知り合いだったのですごく楽(笑)
もう一人の子もいい子(っぽい)ので一安心。今週末はラボの新歓なので楽しみです。

自分の研究というか実験の方もちゃくちゃくと進めています。大学にいるうちにどこまでできるかわかんないけど、それなりのものは作り上げたいなーと思ってます。
結構面白いことやらしてもらってると思うし、何より自分の興味ど真ん中のテーマなので面白い。
まだまだ不勉強だらけで先生に聞いてばっかり指導してもらってばっかりだけど、論文やら関連資料やら読んで勉強していきたいと思います・・。

さて、こっからちょっと違う文章。恥ずかしい文だらけだが、見のがしてほしい。
暇な人だけ読んでもらえればいい。何もあなたにとって得にはならないと思う。
あ、別に愚痴とかではないので、そこは気にせんでいいですw

そしたら書きます。


正直今までの自分の不勉強を呪いたい。過去の自分を呪いたい。今さら遅いかもしれないが、これから挽回できるとも思っている。
ようやく自分の具体的な将来像が五年生になった今、みつかった気がする。
色々遠回りしたし、これからまた迷走するかもしれない。けど今までで一番、今が勉強に対するモチベーションが高いかもしれない。
遅い、とか言われるかも。それは重々わかってる。今までの自分は口だけってとこが多かった。
これからももしかしたら口だけになってしまうこともあるかもしれない。けどそれではダメ。
まずは行動すること。それは自分にとっては「勉強すること」。
学生の本分ながら今までしっかりと出来ていなかった。恥。

正直この記事(後半)は本当に恥ずかしいことを書いていると思う。
真面目な人であれば、当然だろと思うことばかり。不真面目であった自分としては本当恥さらしな文章だ。
けどあえて書く。自分への戒めとして。

ここまでの文章は思いっきり勢いだけで書いた。
読み返してみると本当に恥ずかしい文だ。自分に酔ってるかのようにくさい文章だ。
もしかしたらそうなのかもしれない。けど推敲もなしにここまで書いたというのは自分の中に元々あったもの、それが漏れ出したものなのだと思う。
臭く、幼稚で、恥さらしな文章。
けど、あえて今自分はこの文章を残す。将来読み返したらもしかしたら消すかもしれない。
その将来とは明日起きた朝かもしれない。それでも構わない。
今書きたいから書いた。今残したいから残す。それこそ自分がブログをやっている理由だ。

たとえどんだけ臭く、幼稚でも自分に変わりはない。
自分の中の膿みを出したと思おう。表現とはそういう利点もある。
表現なんて言葉を使いだすとは末期だ。そろそろ寝た方がいいな、うん。
ここでとりあえず恥ずかしい文章作成はやめにしよう。

明日からまたがんばります。

人気ブログランキングへ


どーもー。
こんばんわー。

旅行記の記事も書きたいのですが、今回はちょっと休止。
昨日から大学の講義が始まったので、そっちの話でも。

さて、今期から自分は五年生になりました。
5年生っていう実感はまだ湧きませんw
地元を離れ北の地にあるこの大学に入って早4年。時の流れは早いなーと実感します。

大学生活も3分の2が過ぎました。
あと3分の1は残っていますが、たぶんあっという間に過ぎるのでしょう。
4年生の1年間は今までの大学生活でも一番過ぎ去るのが早かったです。
ホントあっという間。
こないだ卒業された6年生の先輩にも「あと二年間はあっという間だよ~(笑)」と言われました。
何故か理由は分かりませんが、皆同じ気持ちになるみたいです。怖い怖い。

今のところ大学院に進むということは考えてないので「学生」でいられるのはあと二年弱。
それが過ぎされば自分も社会に出ます。
今のところ自分が興味あるのは感染症の分野。職種としてはワクチンを取り扱ってる製薬会社、もしくは家畜予防を扱っている地方公務員を考えてます。今の所第一志望は前者ですが。
まぁどちらにしても所属部署によって必ずしも希望通りの仕事(自分の場合は感染症)に就けるかはわかりませんが、それはそれで。
もし第一志望の部署につけなくても、自分が調べる限り他の部署も興味はあるのでそこまで気にはしていません。ていうか企業にしろ公務員にしろ試験に受からなければ就職はできませんし。
そちらの対策もそのうちしないといけませんね。

就職活動の他にも研究室での実験や大学の授業など、やらなければいけないことは盛りだくさんです。
どれもしっかりやれば自分の価値になるものだと思っています。
色んな意味で未熟な自分ですが、少しでも前に進めるように心がけていきます。

明日の自分が今日の自分より一歩でも前に進めるように。
では今日はこのへんで。
3月28~30日までの旅行の記録を備忘録代わりに書きまする。

3日間のコースを言うと、帯広→小樽→積丹→洞爺湖→登別→白老→支笏湖→札幌→帯広というコースでした。
では以下に軽い日にち別の備忘録をば。思い出せる限り!

※本当は全日程の記録を一個の記事にまとめようかと思ったのですが、書き始めたら思ったら長くなったので日にちごとに分けようと思います。
とりあえず今回は一日目の記録をば。

<1日目>
朝7時に帯広を出発。まさに旅行日和の快晴!なかなかよい出だしでした。
10時半過ぎに札幌を通過。月曜の朝がということで道が空いてること空いてること。
今回自分は運転ではなかったので結構暇← 適当にツイッター上で「北海道地名クイズ」とかやってました。

そして小樽についたのは11時半過ぎ。
前から行こうと思っていたラーメン屋に。

IMG_0411_convert_20110404014512.jpg


@初代

小樽の街に入ってすぐのところにありました。
開店したばっかで一日30食限定の塩ラーメン食えて満足。おいしかったです。

昼飯後は小樽を抜けて一路積丹へ。
と、その前に小樽を抜けたすぐ横にあるオタモイ岬と言うところによってきました。
http://henna-ozsan.my.coocan.jp/otamoi/otamoi.html
詳しくは上記のURLを見ていただければよいのですが、崖にせり出した道を歩きながら海岸を一望できるというなかなかな絶景ポイント。
ここは二年ほど前に行ってたことがあり、景色もきれいなことを覚えていたので今回いい機会と思い、行ってみました。
が、なんと雪で道がふさがってる!一応海岸は観ることはできたのでいいですが、ちょっとがっかり。
しかも写真撮り忘れた。゚(゚´Д`゚)゚。
まぁそれでもいいやーと思い、風景を楽しんでいると見知らぬ伯父さん登場。
どうやら地元の人なんですが、こっちが雪で先にいけないことを知ると、オタモイ岬周辺のことを色々と話してくれました。
ただその内容はここでは書けないものばかりw ここらへんは「電波が届かなく、人もあまりいないからね―」というセリフで察してください。
面白い話ではあったんだけどね(笑)

まぁそんなこんなでおじさんとも別れ、一路積丹へ。

003_convert_20110404014423.jpg

まず行ったのは積丹岬(島武意海岸)。こんな暗いトンネルを超えたとこには絶景が・・・

005_convert_20110404015135.jpg

と思ったらあれ?これオタモイ岬の方が綺麗じゃね?というような微妙な景色・・。
いや結構綺麗ではあるんですが、オタモイ岬と比べると正直・・・な感じ。うん、前にオタモイ行ったのが間違いだった。
ということでもう一つ積丹のお目当てである神威岬へ。こっちは評判いいんだよなーとわくわくしながら行ったら。

IMG_0412_convert_20110404015616.jpg

閉まってるじゃねえかあああああああ!!!(ガチで叫びました)

なんだよ強風のためって!確かに風強くて危ないだろうけど!
やむを得ず積丹は正直微妙な感じで去ることに・・(笑) これをtwitterでつぶやいたら友人から「積丹がっかりだよねー」との返信が。。
うん、今回に関しては積丹微妙でした。積丹の人すいません。こんど再チャレンジしてやる―。

てなわけで本日止まる予定の小樽へ再リターン。
積丹でガソリン入れてもらったものの、何故か満タンに入れてもらえなかったというエピソードがありますが、それはもういいや。

はい本編。
宿泊予定地である駅前のビジネスホテルに16時過ぎにチェックイン。
今日の予定はもう夜に飲み行くくらいしかなかったので、しばらくベッドで休憩。一時間ほどまどろんでました。

そして夜になり、いざ小樽の街へ―。
北の屋台的な屋台村でお腹を膨らませつつ、友人から前もって教えてもらっていた居酒屋へ。

IMG_0416_convert_20110404015846.jpg


隠れ蔵と言う名のお店。ここまぁ大あたり!!
前もって千円単位で金券(一枚百円)を買い、それを使うことで酒を飲む。
大体一杯あたり300~600円。こうすることで最初に使う金が分かるから飲み過ぎてお金が~ということにはなりません。
なんという画期的なシステム!!
一杯300~600円が高いと思うかどうかは人次第だと思いますが、個人的には結構お得かなと思いました。

一杯あたりの量はこんな感じ。おつまみもおいしかったです。

IMG_0418_convert_20110404020140.jpg

ちなみにお酒は日本酒から焼酎、梅酒などがあり、色々楽しめそうな感じでした。
自分は今回は日本酒オンリー。あまり他の店では飲めないようなお酒を色々飲むことができました。
お酒がまわってくると店のマスターや他のお客さんとも打ち解けるようになり、話がはずむはずむ。
久々によいお酒を飲むことができました。お酒はやっぱいいね。
とてもよい時間を過ごすことができました。紹介してくれた友人に感謝!!


実はこのお店、一階が酒を売っているお店で、ニ階がお酒を飲めるスペースになってます。
なので二階で飲んでお気に入りのお酒ができたらそれを一階の売り場で買えるというシステム!これはもう罠と言っていいレベル・・
はい、見事に引っ掛かりましたわ。買ったよ、お酒。いいんだ、満足したからいいんだ・・
この店の詳細、飲んだ酒についてはまた後日改めて。ちゃんと紹介したいので。

もう店出る時点でかなり酔ってましたw
こんなに酔うの久々でしたwいやぁうまい酒って怖いです(o・ω・o)←
けどまだその時は9時前w7時前から飲み始めたんですが、早すぎるw

本当はそのあと運河とか観に行こうと思ったのですが、もう体力的にも厳しかったのでその日はホテルに早目に帰って就寝しました。
一日目ですでになかなか濃い旅になりそうな予感。ということで一日目の記録終わり―。

そのうち二日目以降の更新もします。さていつになるやら・・。

クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。