ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも!昨日をもって24歳になった春雨です!
いつの間にやら干支を二回り。二十歳を過ぎてからの時間がどんどん加速しているような気がします。怖い。
twitterやFBでお祝いコメントを送って下さった皆様方には感謝です。本当に嬉しいです。

近況報告と言っても、いうことは一つしかないです。はい、卒論ですね。今、本当に修羅場でございます。
論文自体もやばいですが、口頭での発表が来週に迫っております。色々追い詰められています。
ただ、就職先的に今後論文やら、こんな研究を発表するような場にはなかなか巡り会えないと思うので、
良い経験、と開き直る(?)ようになりました。なんか吹っ切れてきましたね。

さて、それでは気分転換のブログもここらへんで。
では論文&スライド作りに戻ります。

アリーヴェデルチ! (さよならだ)

【つぶやき】ジョジョ熱再燃中。
スポンサーサイト
ども!おひさしぶりです!
最近、全然更新していませんでしたが、たまにしたくなる時があります。今日のような。

で、久々の更新ですが、自分の近況、ならびに今後の予定などを書いてみたり。
今、喫緊の課題というのは、ふたつあります。
ひとつは卒業論文、そしてもうひとつが内定先の課題です。
前者は全国の獣医学生には共感を呼べそうですが、本当に間近の問題です。今年の僕の大学での卒論発表は11月下旬。それまでに論文は書き上げて査読をしてもらったり、発表スライドを作らないといけません。けど、そんな状況でも今僕はまだまだ実験の真っ最中!ひぃ。いい結果が出るのを願う、今日この頃です。

そしてさらにやばいのが後者の課題。
内定先の会社がなかなか新人に厳しいところでありまして、すでにもう課題やら研修が始まっております(笑)最初はこういうの普通なのかな、と思っていたのですが、周りの話を聞いた感じ、どうやら違うようです。詳しい内容はここでは書けないのですが、業界に関係あるレポートだったり、クリエィティブな課題だったりします。内容自体はバラエティに富んでいるので、面白いことは面白いのですが、その分評価がシビアなので大変でもあります。すでに「表現力がない」という厳しいコメントももらいました。ギブミー表現力。卒論と並行してさばいていかないと11月上旬がやばいことになりそうです。すでにその匂いがプンプンしますが。こわいこわい。

てな感じで忙しくも充実した生活を送っています。並行して多くのタスクを消化することは社会人になっても必要なスキルだと思うので、今はその予行演習だと思っています。
てことでたまに気分転換、そして表現力を養う(本当に言われてショックだった模様)のにこのブログは使っていきます。とりあえず今日はこのへんで。
先週の話ですが、東京に行ってきました。

目的は来年同じ会社で一緒に働く同期たちと会うため、いわゆる「内定者会合」に参加するためです。

会合では内定者どうしの顔合わせの他、今後の研修の流れや、入社するまでに提出する書類(レポートetc)等々について説明を受けました。詳しい話はここではできないのですが、レポートについては結構量・質とともに重いなぁと感じました。

ただその分やり遂げたら成長できるだろうし、会社がそれだけ自分たちに期待してくれているということなので、頑張っていきます。

また説明後に内定者同士で飲む機会があったのですが、これもまた面白かったです。なにせ皆一癖二癖ある人達ばかり。話のネタは尽きませんでした。またいろんな大学や学科の人がいたので、それぞれの専攻や大学生活について聞けて楽しかったです。うちの大学内での飲みや話も楽しいのですが、また今回は新鮮な感じでした。

まだ実際の入社までは半年以上ありますが、今から来年の4月が楽しみです。
ただそれは同時に北海道、そして現在の大学にいられるのは来年の3月までということなので、卒論研究や授業はもちろん、他のやるべきこともしっかりやり、残りの大学生活を悔いのないものにしたいと思います。

そしたら今日はこのへんで!

…なんか無難な日記みたいになってしまった(´・ω・`)
どうもー。お久しぶりです。
見返してみると、最後の更新が去年の9月…。
約7ヶ月ぶりの更新ですね。。ご無沙汰してます。

更新しなかった理由は色々ありますが、一番でかかったのは就活ですね。
はい、去年の10月より真面目に就職活動なるものをやってました。
そしてようやく今週でそれが終わり、一応来年からの居場所を確保出来ましたヾ(*´∀`*)ノ

いや、ホントに大変でした。。何度東京と帯広を往復したやら。
けど同時にすごく楽しくもあり、いい経験ができたなと思っています。
面接なんて最高のアウトプットの場ですね。

就職先ですが、獣医とは全然関係ない分野へ進むことになりました。
ここ数日いろんな人に「なんでそこ!?」と言われまくってます(笑)

けど、親を始め、いろんな人とも相談し、
そして自分で考え抜いた末の結論なので後悔はしてません。
とりあえず来年からは東京で働きます。

ということでちょくちょくブログの方も更新再開しようかなと思っております。
いつまで続くかはわかりませんが、
この経験もきっと将来に生きていくと思うので、
もしよければ今後もこのブログをよろしくお願いします。

では今日はこのへんで。
さて夏休みを振り返ろう第三弾ですよ。
また間隔あいちゃいました。夏休みが終わるまでに書き終わるのか不安です

前回までの記事
5年生の夏休みを振り返ってみる①(NOSAI実習)
5年生の夏休みを振り返ってみる②(IVSA アジアンカンファレンス)

ちなみに今自分は夏休み中の集中講義ということで毎日学校に行ってます。本来の授業編成であれば、十月から授業なんで本当ならまだ夏休みなんですけどねー。まぁ授業なくても研究室には用あるので行きますが。

さてそれでは本題。今回は③の全国獣医学生交流会ですね。
これはたまに僕のブログで話題に出てくるJAVSのイベントです。全国にいる獣医学生が一か所に集まって行うイベントで、結構大規模です。昨年度の夏と春も同様のイベントを行う予定だったのですが、口蹄疫と震災の影響でやむなく中止に・・。ということで今回は一昨年度の春ぶり、約1年半ぶりの交流会でした。

日程としては二日間。一日目は宮崎大の先生をお呼びして口蹄疫の現場の話を聴いたり、公務員や小動物臨床等、各分野の先生をお呼びして分科会という形でお話を聴いたりしました。そのあと、将来どういう道に進みたいかで、学生が分かれディスカッションをしたり(これも臨床や製薬などの分野があったのですが、自分は公務員分野に行きました)、プログラム終了後に懇親会を開いたりしました。自分自身は運営スタッフの一員だったので、ちょくちょく企画を抜けだして仕事をすることもあったのですが、結構企画自体も参加できるようにしていたので楽しめました。実際に自分が興味ある分野で働かれている先輩のお話も聞けたので、とても参考になりました。

さて二日目。二日目は一日交流を目的とした「獣医学生オールスター」という企画をしました。元ネタはあの番組です(笑)で、実際にあの番組みたいにでかい画面にクイズが問題がボーンと出たりしました。PCを駆使してやったみたいで、すごかったです。スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした・・。あとはクイズの合間にパイ投げじゃんけんなどのミニゲームもはさみ、一緒にチームを組んだ人を始めいろんな人と仲良くなれました。

とりあえずさらっとはこんな感じでしょうか。
一年の頃からこの交流会には毎回欠かさず出ているのですが、今回も出てみてやはり後悔はありませんでした。というか上級生になってより将来のビジョンが固まってきていることもあるのか、得るものが下級生だった時より多い気がします。下級生の時は、講演を聴いたり、他の人とディスカッションをしていても、知識もなく自分で考えるというのがなかなかできなかったため受け身的になっていたことが多かったです。しかし上級生になるとある程度知識もあるので、同じ講演を聞くにしても自分で考えながら話を聞くことができるからかな、と今ふと思いました。自分の中にある程度下地があれば、より知識を吸収しやすいんですかね。

あと日頃帯広にいると、他の大学の獣医学生と面を向かって話すことはあまりないため、色々他大の話も聞けて新鮮でした。たとえ学年、大学が違っても、「同じ獣医学を学ぶ仲間」という共感というか仲間意識があるから仲良くなりやすいのかな、とも思います。たとえ専門知識がない下級生の子でも今まで自分が考えもしなかったことを心に秘めている子もいるので、そういう子と話ができると脳内ドーパミンがバンバン出るので、そういう子は大好きです。そんな日頃体験できない経験をできるから、自分はまだJAVSにいて、出来る限りイベントに出ようとしているのかもしれませんね。

今回の交流会でも多くの出会いと共に、多くの刺激を受けました。お世話になった方全てに感謝。

では今回はここで話を締めようと思います。また次回。
さて時間が空きましたが、夏休みを振り返ろう第二弾です。

前回:5年生の夏休みを振り返ってみる①(NOSAI実習)
 
今回書くのは「2、IVSA アジアンカンファレンス」ですねー。
さてそもそもIVSAとは何ぞやってとこから始めないといけないですねw

大きく言っちゃうと、全世界規模の獣医学生団体です。歴史はすでに60年弱あり、世界40カ国が加盟しているみたいです。
詳しくはこちらを参考に⇒http://ivsajapan.okoshi-yasu.com/whatsus.html

で、このIVSAには日本も加盟しており、日本支部のことをIVSA-Jと言います。
このIVSA自体は全世界で定期的に色々なイベントや会議をしており、その中にアジア圏内の獣医学生が一堂に集まる、「アジアンカンファレンス」というものがあります。
で、今回はそのアジアンカンファレンスが日本で行われると聞き、参加してきました―。一年のころからIVSA自体は知っていたのですが、イベントの会場が団体柄、海外になることも多く行けなかったんですよねー。ということで今回IVSAのイベントには初の参加でした。

よし、ようやくここまでで事前説明終わりw 伝わったかどうかはわかりませんがw
ではここからイベントの内容紹介。

今回のアジアンカンファ(こんな風に略すそうです。ここでも以下はこれで)は全三日の日程で行われましたが、自分は中一日以外の最初と最後の日だけ参加してきました。
内容的には海外の獣医学生と班を作って色々話したり、あとは先生を数人ゲストにお呼びして講演していただき、それを一緒に聞いたりしました。今回参加した国は韓国、タイ、ネパール等の人たちでした。割合的には韓国の人多かったかなー。

講演の内容等も大変勉強になったんですが、それ以上に海外の獣医学生と話せたのが自分にとっては非常にイイ経験になりました。自分の英語力が拙いので、そこまで専門的な話題まで踏めこめなかったのは残念でしたが、少し話を聞いただけで大分学校のシステムとかも違うんだなーと感じました。基本的に会話が英語だったので、結構頭も使いましたw
少し英語に対する壁というか抵抗は無くなったかなー。話せるようになりたい。

そしてあと思ったのは、海外の獣医学生たちのアクティブさ。やっぱ自分の国から飛び出してこんな日本まで来てるだけあって、色んな意味でアクティブなんですよね。何人かの韓国人メンバーとイベント後に一緒に居酒屋行ったんですが、メニュー見て「これ何何!?」ってすごい知りたがるんですよね。そう思うこともすごいことだと思うんですよ。知識欲がどん欲というか。自分も見習わないなーと思いました。酒が進むと下ネタの方に走るのは世界共通だなとも思いましたw

とりあえずイベントについてはこんな感じですかねー。
なんかアバウトな事しか話してないですが、まぁ自分のための記録が主目的なので。

まぁ実際の話、獣医学ってのは全世界どこでも必要な学問であって、色んな意味で鎖国的なものになってはいけないものだと思います。知識も技術も日本にしかないものもあるかもしれない。そして逆のケースも多くあると思います。また知識や技術だけではく、獣医を取り巻く環境や制度、獣医学教育においても自分の国で問題になっていることの解決策をどこかの国が元々持っていたりすでにやっているかもしれない。すでに日本は獣医学的にもグローバル的になってきてはいるとは思いますが、常に「世界から学び、世界に広める」という意識は常に持ちたいなーと思いました。
イチ獣医学生が偉そうに思ってることを言ってみました(笑)

では次は3ですねー。また更新します。
ではでは。
おひさびさです!
全然更新しない間に夏休みが終わろうとしていますw

それだとブログが悲しい感じになるので、備忘録的な感じで夏休みのことをとぼとぼと書こうと思います。
今回参加したイベントや実習、あと他にあったことを以下にリストアップしてみました。

1、NOSAI実習
2、IVSA アジアンカンファレンス
3、第六回全国獣医学生交流会
4、インターン①
5、インターン②
6、大阪獣医学会
【番外編】腹痛

全部一から書いてると記事の長さが半端なくなっちゃうので、ひとつひとつ別の記事として書こうと思います(笑)
それぞれの記事で他の記事にもリンクできるようにしていきたいですね、。

では今回の記事は最初の1について書いていきます。

まぁこれは夏休みに行ったというか、前期の授業の一環で行ったものですが、とりあえず夏休みにあったものとして扱います。
なかなかNOSAIというのは農家さんや獣医関係者以外では聞いたこともあまりない単語だとは思います。まぁそれについて細かく書くと、結構な時間を割いてしまうのでここでは割愛します。
とりあえず「産業動物(牛や馬など)を治療する獣医さんの仕事場」と認識してもらえればここでOKです。今回の実習ではそのNOSAIのとある診療所の一週間泊まり込みでお邪魔をし、先生について農家さんを回って実際の牛の治療などを見学させてもらいました。

牛の臨床自体は大学の授業で少しやっていたのですが、その時に対象となるのは基本的に大学で飼育している牛。しかし実際にNOSAIで見る牛は農家さんの所有物です。絶対に手を抜いてはダメ。授業とは違う緊張感を常に感じました(もちろん大学の授業でも手を抜いたりなんてことはしてはいけませんが)

実際のどういう症例見たとかは言えませんが、色々と勉強になりました。
言える範囲で今回学べたことは以下のことですかね。

①大学で学んでいる知識が実際に現場でどう使われてるのか
②治療の対象が産業動物であること
③診療所の先生方がなぜこの道を選んだか

大きく分けるとこんなとこですかね。
①に関しては、臨床系の授業や解剖等の知識が多く使われていることは前からなんとなく理解はしていたのですが、今回の実習でビックリしたことがひとつ。
それは「糖や蛋白の変化などの生化学的な知識を結構使うこと」。これは意外だったんですが、実際に先生の説明を聞いてたしかにと納得。特に牛なんですが、体調管理において飼養管理って大事なんですよ。あれだけ一日にたくさん乳を出したり、ほぼ一年に一頭ペースで子牛生んでいたらそりゃかなりのエネルギーが必要なわけで、その分食べる餌の管理をしっかりしないと顕著に体調に影響を及ぼすわけです。
で、そんなわけで牛が体調崩す時には餌が原因であることも少なくなく、そういう時に体の中でその餌がどう変化しているか、栄養分がどう変わるかなどを分かれば治療はもちろん、予防にも役立つとのこと。これは聞いた時に目からうろこでした。あまり生化学をしっかりやっていなかった自分を反省。

②では、これも詳しくは書けませんが、「本当に牛は産業動物なんだなー」と実感することは多かったです。③は実際に知識とかの勉強ではないですが、非常に参考になりました。ひとりひとりなぜ産業動物臨床の道を選んだのか、色々聞けて良かったです、自分もそろそろ将来を具体的に決めなければいけない時になってきています。そういう意味でとても参考になりました。こういうのも実習のひとつの醍醐味かもしれませんね。

なんか長くなりましたが、夏休み最初のイベント(?)の感想はここらへんで。
残りも頑張って書いていきます。

試験が終わり、夏休みに突入しました。
夏休みは主に、実験、JAVS、インターン、学会で構成される予定です。

1日から今日までとある大動物臨床の現場に実習に行ってきました。
大動物臨床のよいとこわるいとこ。臨床と研究の違いなど今まであまり意識できなかった“現場”の雰囲気を学んできました。

将来について。
まだまだ迷っています。この夏休みにインターン少し行くので、長い目でぼちぼち観決めていこうと思います。

研究室のこと。
卒論のテーマは、もう決まっているので実験等をしながらぼちぼち進めていく予定です。
ウイルスの世界は奥深いです。たまにいやになるけど、面白い。

アニメ。
昔は“アニメを見ないオタク”だったのですが、最近はなぜか“アニメも見るオタク”になってきました。
まどまぎやらあの花を一気観することも・・・。最近観たいアニメも増えています。

とりあえずこんなところでしょうか。このブログもぼちぼち更新していきたいなと思います。

今日は学内で開かれた「放射線業務従事者の教育」セミナーに出席してきました。
これは学内で放射線を使用する実験を行うものは必ず受けないといけないもので、
自分も今やってる研究でそのうち放射線を使う可能性があったので、受けてきました。
年に一回しか開かれないので、これ見逃したら今年一年放射性物質使う実験できないし。。

内容は放射線とはなんなのかの講義から始まり、放射線使用を取り巻く法律、安全に放射性同位元素(アイソトープ)を扱うには・・などなど
ビデオを含めながら4時間弱ほど受けてきました―。
今日の感想としては自分もわかっているふりをしながら今日の講義では初めて知ったことや、頭の中でぐちゃぐちゃになっていた知識が整理されてなかなかよかったです。

原発事故のこともあり、放射線については色々と議論が巻き起こってる今日この頃。事故についてはもちろん大問題で、これからも様々な対処をしていかなければならないと思います。
けど、今回目についたのは極端な「風評被害」。たしかに放射線は見えないし、臭わないしよくわからないものって思っちゃう気持は分かります。
けど感染症に対してと同じように「正しく怖がる」ってことは放射線を知る上でも必要だと思います。
ただ、放射線について知る機会ってあまりないとも思うのです。特に自分のように理系じゃないとね。
今回この騒動の関係でTVなどでも放射線について説明する番組も多くありました。けど逆に「メディアは事実を隠ぺいしている!」って逆に反応しちゃう人もいると思うんです。
んで、それが新たな風評被害を生むことも。ツイッターでも似たような騒ぎ見ましたし。

個人的にはそういう時こそ「身近な専門家」が必要だと思うのです。TV等で説明するのも大きな意味はあるけど、あくまで一方通行。
それこそ「TVが事実を隠ぺいしている!」と言われて、それに対してちゃんとしたデータを提示しても発言してもいたちごっこ・・・。
まぁそういう人は無視する、ってのもひとつの手だと思うのですが、そういう時にその人の身近でちゃんと対話可能な状況にある「詳しい人」がいれば、
問題は解決できるのではないかなあっと・・。もちろん全部解決できるとは思いませんが。

やはり不安を解決するのに一番強いのは「直接会って話し合うこと」だと自分は考えてます。
ネットやTVも多人数に効果があるという面では強いけど、そういうアナログな面もあってのもの。

なんか何が言いたいか論点ずれてきましたが、自分が言いたかったことは「自分がそういう身近な専門家」になれたらいいなということ。
上記の放射線についてもそうですが、ペット問題や感染症など獣医学科に通う自分はそういうことを学べる、もしくは学びやすい環境にいます。
限られた分野限定ですが、他人がなにか疑問、不安を持っていたら説明できて、解消できるようになりたいなあと思います。

ま、結局勉強を頑張らねばといういつものオチにいくのですが(笑)
まぁちょうど放射線について講義を受けて思ったことを書いてみました。

放射線は怖いものであるけど、有効なものでもあります。これがなければ現代の色んな分野の発展はなかった。
うまく付き合っていくことが大事だと思います。けど自分が思ってるだけではだめ。
周りの人も思ってくれればなおハッピーです。
繰り返しになりますが、そのためには自分がしっかりとそれについて理解し、周りに説明できるようにならねば。

人気ブログランキングへ


どーもー。
こんばんわー。

旅行記の記事も書きたいのですが、今回はちょっと休止。
昨日から大学の講義が始まったので、そっちの話でも。

さて、今期から自分は五年生になりました。
5年生っていう実感はまだ湧きませんw
地元を離れ北の地にあるこの大学に入って早4年。時の流れは早いなーと実感します。

大学生活も3分の2が過ぎました。
あと3分の1は残っていますが、たぶんあっという間に過ぎるのでしょう。
4年生の1年間は今までの大学生活でも一番過ぎ去るのが早かったです。
ホントあっという間。
こないだ卒業された6年生の先輩にも「あと二年間はあっという間だよ~(笑)」と言われました。
何故か理由は分かりませんが、皆同じ気持ちになるみたいです。怖い怖い。

今のところ大学院に進むということは考えてないので「学生」でいられるのはあと二年弱。
それが過ぎされば自分も社会に出ます。
今のところ自分が興味あるのは感染症の分野。職種としてはワクチンを取り扱ってる製薬会社、もしくは家畜予防を扱っている地方公務員を考えてます。今の所第一志望は前者ですが。
まぁどちらにしても所属部署によって必ずしも希望通りの仕事(自分の場合は感染症)に就けるかはわかりませんが、それはそれで。
もし第一志望の部署につけなくても、自分が調べる限り他の部署も興味はあるのでそこまで気にはしていません。ていうか企業にしろ公務員にしろ試験に受からなければ就職はできませんし。
そちらの対策もそのうちしないといけませんね。

就職活動の他にも研究室での実験や大学の授業など、やらなければいけないことは盛りだくさんです。
どれもしっかりやれば自分の価値になるものだと思っています。
色んな意味で未熟な自分ですが、少しでも前に進めるように心がけていきます。

明日の自分が今日の自分より一歩でも前に進めるように。
では今日はこのへんで。
こんばんは。
長期休みだからブログ更新できまくる!と思っていましたが、あまりできなかった春雨です。
まぁ人生こんなもん。

さて春休みも残り数日・・。
今週の金曜からうちの大学は前期が開始されます。震災の影響で開始が延期、もしくはまだ未定の大学が多い中ありがたいことですが、やはり休みが終わることは心寂しく・・。

今回の春休みは実家に帰ったりはしなく、基本的に帯広にこもっていました。
本格的に自分の研究テーマが固まってきたのでその実験をするために大学行ったり、あとはバイトに費やしてみたり、、
実験を色々やりたいということと平行して自分の足元を固める、と言う意味であえて今回の長期休みは帯広にひきこもってみました。
けど結局外いかんと、自分はストレスたまるようで・・(笑)
途中スキーとか言ったりして息ぬきはしましたが、もっと実習とかいけばよかったなーと反省・・
夏休みはその反省を生かしつつ、もうちょい外に出てみます。

とりあえず春休みは残り数日ですが、最後の息抜き、ということで2泊3日で旅行に行ってきます。
行先は小樽や登別らへん。小樽はなんどか言ったことあるんですが、登別は実は初めてだったり。

のんびり温泉入りつつ、5年生の前期を乗り越える精気を養ってきます。
ではでは。

人気ブログランキングへ


少し日が経ってしまいましたが、18日はうちの大学の卒業式でした。
震災の影響で卒業式が中止になっている大学もある中、うちの大学は予定通り行われました。
思うところがないわけではないけど、被害が少なく停電等もないので行うこと自体は悪くないかと。
そこで自粛してしまうのも何か違う気がしますし。

さて話がそれましたが、本題に。
今回の卒業式は自分にとって特別な意味を持つ、「同級生の卒業式」でした。
こう書くと僕が留年でもしたかのような書き方ですが違います(笑
4年制の学科の同級生の卒業式という意味です。
自分の大学は獣医学科以外にもうひとつだけ学科あり、今回の卒業式ではその学科の同級生たちが学業を終え無事卒業をしました。
サークルや授業で一緒に学び、遊んだ友人たち。獣医学科の友人たちもあと二年は一緒に残りますが、来年友人たちがいなくなると考えるとやはりさびしいものです。
卒業式が終わり、卒業生が講堂から出てくると、みんなサークルやら研究室やら由縁のある後輩たちにすぐ囲まれ、写真やら花束の嵐に巻き込まれます。
たまにコールやらも聞こえたりするとこがうちの大学らしいところ。
自分も4年間お世話になった友人たちと一緒に写真を取りました。

自分の知ってる同級生たちはほとんど帯広を離れます。
北海道内に残る人もいますが、みんな仕事や院のことで忙しくなるだろうし、今までのようには絶対会えません。
さびしくないといえば嘘になる。けど決してこれからずっと会えない、というわけではない。
僕はそう思ってます。

卒業生の方々、4年間もしくは6年間本当にお疲れ様でした。
まだまだ日本全体が震災の影響から戻ったわけではありません。
けど今は皆さんのこれからの新天地でのご活躍を祈ってます。
なんか堅苦しい言い方になってしましたが(笑)、本心です。
またどこかで会いましょう。お元気で。

人気ブログランキングへ


今日は先月に行われた獣医師国家試験の結果が発表される日でした。
めでたく自分の研究室の先輩(2人)は両人とも合格とのこと。

発表は今日の10時に農林水産省のHP上で出たのですが、その時は僕は研究室にいました。
6年生のお二人も同じく研究室にいてPC前にスタンバイ。
なぜかこっちも心臓がどきどき。ぶっちゃけ帰りたかったです(笑)
それでもやはり発表の場にはいたかったので、その場で待機。

お二人の「あ、番号あった」という言葉は本当に心の底からほっとしました。
4年でこの状態なら、2年後の自分の時はどうなるんだろう。心臓持つんだろうか(笑)

改めて結果をみると、うちの大学は39人受けて37人合格とのこと。
残念ながら2人不合格だったようですが、まぁ高いのかな・・?
てか今年は全員受かった大学はなかった模様ですね(去年はうちと東大が100%)。

twitter上でも全国の6年生の合格報告も出てきて、今日の昼はお祝いも―どでした(笑)
まだ震災の復興はされてないですが、今日くらいはこんな記事もいいのではないかと思い更新しました。
全国の獣医の先輩方、本当にお疲れさまでした。

東北関東大震災が起こってから数日たちました。
地震当日に僕は帯広にいました。帯広は内陸部であるので、津波等の被害もなく具体的な被害はなかったようです。
自分も揺れには驚きましたが無事です。

地震の翌日まで携帯が全く使えなかったですが、地震翌日の昼に神奈川にいる両親とも連絡がつきました。
揺れはひどかったけど、家も2人も無事だったようです。

ただ被災地を中心にまだまだ安心はできる状況ではありません。
余震、津波、原発・・。自分にできることはほとんどありません。

今回の災害でお亡くなりになられた方々のご冥福を祈ると共に、
日本が一日でも早く平時の日常に戻れる日が来ることを願います。

春休みが始まって数日が立ちました。なんだかんだで充実してる気がします。

この数日あったことで印象深かったのはいくつかあったのですが、今回は以下の二つの出来事について書いていきます。

 

①本格的に研究開始

②読書会

 

上から順に追想開始。

 

①本格的に研究開始

はい、本業の話ですね笑

研究室に所属して一年たちますが、実は一人でまだ本格的に何かテーマをもって実験をしたことはありませんでした(4年生合同でっていうのはあり)。ただ、そろそろ卒業論文の文字も見えてきたので、ちょっとずつ手を付けていこうということに。

獣医学科は他の理系学科と同様に卒業論文というものを提出しないと卒業はできないというシステムなので、大体6年生の11月くらいにある発表会のために自分の研究をまとめないといけないのです。各自高学年になると国試の前にそれに苦しむというのが獣医学科の伝統(?)でして・・

で、自分もその茨の道にはいりました、ということです。

基本的には研究室の先輩の研究を受け継ぐ、という形なので一見楽そう・・・に聞こえます。だけど、実際はそうでもなく(ノ∀`)

あまりブログ上で詳しい内容を話すのはあれなので自粛しますが、今はこれからどう手をつけていこうかなーという感じです。ホント始めたばっかなので、アプローチの方法や方向がすごいあるんですよねー。。先は長いような感じもしますが、一個の実験がそれなりに時間かかりそうなので、そこまでいきあたりばったりではいけないし。。

とりあえず今は知識も技術もないので、今後研究にかかわってきそうな手技などを先生や職員さんに指導してもらっている段階です。関係する論文もよまないとなー(゚´ω`゚)

上の書き方だと自分がいやいや始めたように思われるかもですが、ちゃいますよー。不安なのはもちろんありますが、なにより自分の知識になって将来のためになりますから結構わくわくしてます(o・ω・o) なんか理系学生っぽくなってきたし←

すべては自分のため。先は長いですが、自分なりに頑張っていこうと思います。

 

②読書会

さて、お次の話。こっちは趣味の話ですね笑

最近大学の図書館の職員さんと仲良くなる機会がありまして、少し前からその人が発案者のひとりである学内読書推進プロジェクトという集まりにかかわらせてもらっています。ブログもあったり→http://d.hatena.ne.jp/dokusho_obi/

まぁ読書好きな学生や学校教職員、職員さんが協力して読書に関するイベントなどを行い、「本を読む人を増やそう!」という趣旨の集まりです。実はここ半年くらいで色々活動をしていたのですが、それをここに書くと長くのなるので今回は割愛(笑) また機会があったら書こうと思います。

で、ここからが本題。その集まりの発案者のひとりでもあり、図書館職員さん(仮にKさんでいきます)は、学内のものとは別に、数人の知り合いと前からその月に読んだ本を持ち寄り紹介する読書会をしていたらしく、先日「学生さん」もどうですか?とお誘いがありました。個人的にあまり学内で読書系知り合い(本について語り合う知り合いというか)があまりいなかったので、読書会自体も上記の集まりで数回しかしたことがなく、今回のお誘いがいい機会だなと思ったので行くことに。

当日の参加者はKさんのほか、そのお知り合いが二人、学生側の参加者は僕とあともう一人。計5人。学生少ないなーと思ったけど、まだ試験ある人もいたらしいのでまぁこんなものかと。

で、読書会開始。みなさんが自分が読んだ本の紹介や、本や出版に関する話題について語り合うなどなかなか面白い集まりでした。

Kさんの知り合いも、帯広市内で読書普及活動をしてる団体に所属しているらしく、それらの活動のことについても色々お話を伺うことができました。市立図書館でこどもを対象にした読み聞かせを開いたり、著者を読んで講演会をひらいたり・・・と、自分が思ってた以上に様々なことをやってきてるようで(失礼)、結構驚きました。自分もう4年も住んでるのにまだまだこの町について知らないなーと少し恥ずかしくも・・(反省)

Kさんも含め、3人の方々の読書量もすごかったです。みなさん少し年配の女性(失礼)だったのですが、僕が最近出版された本の話題を言うと「あーそれ知ってるわ」と何度も言われました。かなりびっくり(再び失礼)。色々衝撃的な一日でした。

あーもっと本を読みたい。

 

とりあえずここ数日の回想はこんな感じです。ほかにも色々書きたいことはありますが、それは次回の機会に。

3月に入り、春休みも残り一か月。後悔しないように過ごしていきたいと思います。

ではでは今日はこの辺で。

人気ブログランキングへ

試験終わって、春休み入りました!!!!
やほおおおおおいいいいいい!!!


はい、テンションあがりまくってます。
まぁ春休みと言っても、色々とやることはあるので厳密には「春休み」ではないですね。。
研究室の方でも実際に卒論に向けて、実験をしていくことになりそうです。
そのためにも色々と勉強したり、論文を読んでいかなければならないのでそっちに春休みは力を注ぎたいなーと思います。
あと、英語も5月末にTOEIC受ける予定なので、ちょっと手を伸ばしていきたいですね。

さて、後期の感想ですが、正直しんどかったですw
山場である外科実習や数ある専門科目の山・・
試験前は本当に死にそうでした(笑)
まぁテストの結果もそこまで悪そうではないので(一個課題喰らいましたが←)、なんとかよかったかなーと。。
色々勉強にはなったし、知識は付いてきてる気がします、うん。

そして昨日一昨日は獣医師国家試験がありました。
以前、何度か取り上げてるので詳しい説明は省きますが、
獣医学科の在籍する6年生が受ける試験のことで、これに受からなければ獣医師資格の取得はできません(=獣医師として働くことができない)。
受験された6年生の方々、本当におつかれさまでした!!
自分も研究室の6年生の先輩方がこの数カ月、朝から晩までずっと勉強していた姿を見ていたせいか、、
あまり6年生を知らなかった去年に比べるとなんだか自分も変な解放感が・・(なんだろうこの気持ち)

自分も二年後には・・|-`).。oO(・・・)


・・とりあえず、今は春休み楽しみます!
色々やること盛りだくさん!
ブログもできれば多めに更新していきたーいなー♪

春休みも変わらずお願いします。
人気ブログランキングへ

こんばんは春雨です。
前回の記事でも書きましたが、今週から試験が始まりました。
そして今まさに真っ最中です。
とりあえず今週の分は終わり試験次郎も隙が見せたので気分転換に更新でも。


今回の試験科目は、(試験日順で行くと)

・獣医繁殖学実習
・獣医伝染病Ⅱ
・獣医公衆衛生Ⅱ
・獣医公衆衛生実習Ⅱ
・疫学
・毒性学
・獣医内科学Ⅱ
・獣医繁殖学Ⅱ

というラインナップです。
とりあえず現時点では前半4科目が終了。残りが週明けに始まります。
今のところの勝敗は3勝1敗。どれが1敗だとか聞くなっ!←

まぁ勝敗といってもまだ全部の結果出てるわけではないので、
あくまで自分の手ごたえからの予想ですが。多分外れてはないはず。。

さて残りは4科目。授業自体も来週の水曜で終了です。
それさえ終われば春休みいいいいいいいいいいいい!!!
色々やりたいことは盛りだくさんです(=゚ω゚)ノ

奇しくも来週の水曜は獣医6年生の先輩方の国家試験の最終日。
程度は全然違いますが、解放されるタイミングは僕も一緒ですね。
あ、国家試験というのは獣医学科の6年生が受ける獣医師免許をとるための試験で、
これに受からなければ獣医師として働くことはできません。。
基本的に8割以上は受かるのですが、もし落ちたら来年受けなおしというなかなかシビアなもの;;
自分の研究室からも2人、先輩が受けるのですが、毎日朝早くから夜遅くまで研究室で勉強をされています。

自分も再来年には・・((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

・・とりあえず今は目の前の勉強に励みたいと思います。
この勉強も国試、そして将来の道にきっとつながってるもの。
ではでは残り数日頑張ってきます。

試験期間も変わらず、クリックよろです~
人気ブログランキングへ

※この記事を読む場合は最初にこちらの記事を見てください(見たことある人はそのまま下に)
  ⇒「とある四畳半における春雨氏の日常


読者諸賢。お久しぶりである。

さて、春雨氏が日々の思考を漏らすがごとく書いているこのブログであるが、
最近、とうに更新がされていない。なぜだろうか。
もしかしたら春雨氏の身に何かあったのかもしれん。
もし彼に何かあり再起不能となったら我が国の大いなる損害である!

ということで最近の春雨氏の日常風景を覗いてみよう。
覗きといっても犯罪ではないのであしからず。私は紳士だ。



     なにか巨大な毛むくじゃらのものとそれに対峙する春雨氏。
     毛むくじゃらの化け物は地球の重力に負けるようにゆっくりと倒れていく。

      
     「ハァハァハァ・・・ようやくレポート三郎を倒したぞ・・
      これでようやく本を読める。いざ黒髪の乙女のところへ!」

     歓喜する春雨氏。
 
     「どすっどすっどすっ」
     
     突然、春雨氏の背後から聞こえてきた何かの足音のような音。      

    「ん?なんだこのきわめて不快な音は」
   
     音のする方向へ振り返る春雨氏。
     そこにはとてつもない大きさに成長した試験次郎の姿が。

「う、うわあああああああああああああああああああ」

     試験次郎から逃げるように走り出す春雨氏。 
     それを追いかける毛むくじゃらの試験次郎。
     ふたり(?)の姿はあっという間に地平線に吸い込まれていって見えなくなった。


・・・申し訳ない、読者諸賢。
ごらんのとおり、春雨氏は現在、巨大化した試験次郎に追われていて、とてもブログを更新できるような状況ではない。
一瞬でも隙を見せれば彼は試験次郎に飲み込まれるであろう。

しかし!
勇敢なる春雨氏はどれだけボロボロになろうとも、きっとここに帰ってくるだろう。
それまではこのブログは休止状態になる。しかしおそらく二月には春雨氏も見事次郎を撃破しているはずだ。
もしかしたらそれ以前でも春雨氏がその機敏な敏捷さを発揮し、試験次郎の一瞬をつき更新をするかもしれない。
しかしそれはかなり可能性の低いことだと思われる。

今、我々にできることは、春雨氏が一日でも早く、そして少しでも傷が少ない状態で、
ここに帰ってくることを祈ることだ。

さぁ!みんなで祈ろうではないか!!

せーのぉ・・・

「なむなむ!!!」


人気ブログランキングへ

一昨日で冬休みも終わり、昨日から後期授業が始まりました。

いや~~きついですね笑
何がきついって、朝起きることがです。。
冬休み中は大体夜は3時過ぎに寝て、朝9~10時起き。
見事なほどの夜型でした。そして自分は6時間は寝ないとパフォーマンス能力ががた落ちするお子ちゃま体質。
冬休み中、ほとんどこの生活リズムで過ごしてきたので、いくら学校始まったからと言ってすぐに治るわけもなく。
けど授業は大体一コマ目(8:50スタート)からなので、
今のところ学校始まってからの二日間は見事に寝不足なまま授業に行くことにorz

実際のところそういう状態だとあまり集中力が続かない・・。

うん、あまりよろしくないよね。
これから試験期間が始まるわけだし、ただでさえ睡眠を削る可能性が大。
今からこんなリズムで生活してたら体によくない。
つうことで、本格的な試験期間が始まるまではしっかりした睡眠をとって、体力を温存したいと思います。
というかすでに今日は朝から外科の一日(午前は座学で午後実習のスタイル)で解放されたのは夕方の6時。
午後の実習自体は先生が手術するところを見学するだけだったので、体力自体はそこまで疲れていませんが、
色々学ぼうと集中はしていたので、ちょっぴりお疲れな感じです(どっちなんだ)

なんかもう眠い←
うん、なんか強制的によい感じの生活リズムになりそうな予感(笑

まぁそんな感じで授業も始まりました。
一ヶ月後には試験も始まり、ちょっと辛い時期です。
体調崩さないように気をつけながら頑張っていこうと思います。

ではではこれからもこのブログともどもよろしくお願いします。
今日はこの辺で。

今日も今日とてクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ


あけましておめでとうございます。

昨年は夏の口蹄疫、
そして今でも収束はしていませんが
日本海側を中心に発生が続いている鳥インフルエンザ。
それら感染症や、またペット税なる話題など、
去年は今までに比べ獣医に関する出来事が多かった一年のように思います。

獣医学を学んでいる自分にとっても、
様々なところでかなり衝撃というか影響を受けた一年でした。
そしてまたそれら様々な問題について考えさせられた一年でもありました。

昨年の自分はいろんなヒトに出会い、語りあえたことで、
昨年の初めよりは少し成長はしたかなと思います。
ただ、まだまだ社会性やら常識も足りないのも日々痛感しています。
そして自分の一番の要でもある獣医学の知識もまだまだ不足しています。

今年の干支は卯。
まだまだ未熟な自分ですが、
卯のようにいろんな面で飛躍できる一年にしたいと思います。

ブログやtwitterを通じて昨年お世話になった皆さま。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2011年1月1日 春雨
こんばんは、春雨です。

さてさて今年も残すこと僅か。あと6時間ちょっとです。
なんとなく今年一年の振り返りと来年に向けててきなことでもつぶやきたいなと思います。

今年の出来事で大きかったことといえば、

「ある学生組織での幹部経験」
「夏休みの職場実習」
「研究室への配属」

ですかね。

一個一個軽く振り返りたいと思います。

まずは「ある学生組織での経験」。
この学生組織というのは、このブログで何度か採りあげましたがJAVSという全国規模の獣医学生の組織のことです。
実は一年生のときからこの組織には所属しており、ちまちまと支部長などの役職をやらさしてもらっていたのですが、去年の十月から全体の運営に関わる幹部の一員を今年の十月までの一年間務めさしてもらいました。
はっきり言って、すごいいい経験になりました。
運営を通して、まず感じたのは自分の経験の無さ。組織を運営するということ、ヒトに仕事を任せ、また自分も任せられる。非常に責任重大で、時にそれで体調不良になることもありましたw
多分、自分自身振替っても、幹部として満足な働きができたか、というとそんなことは全然いえません。
50点もいったかどうか、、。今更ながら反省することばかりです。

ただ、それでも「幹部をやったこと」自体は後悔などはしていません。
むしろやってよかったな、と心から思います。僕のせいで迷惑こうむったヒトには申し訳ない発言ですが←
色々重みやストレスに感じることも多かったです。しかしその分、役職に付いたからこそ知りえた世界、知りえた人が多く、自分自身少しは成長できたかな、と思う一年でした。
幹部の任期は十月で終わりましたが、今までやったことの経験や気持ちを武器にJAVSの一員、そして獣医学生としてなにかしらの貢献が出来ていけるように頑張って生きたいと思います。


では次に「夏の体験実習」ですね。
ここにも少し書きましたが、この夏に「動物病院」とあとひとつとある獣医関連の公営期間(名は伏せたほうがいいような気がするので書きません)に実習に行きました。
動物病院では実際の臨床の現場を。もうひとつの実習では、普段あまり授業でも見ることの出来ない、けどとても重要な獣医師としての仕事をみることができました。
このふたつの実習は今まで本格的な実習に行ったことのない自分にとってとても有意義かつ、将来を考える上では参考になる経験でした。
まだ正直将来どんな職業につくかは確定できていません。ただ、なんとなくですが前よりかは固まったイメージで考えることが出来ています。多分この実習の経験もそれに少なからず影響はしていると思います。

これからも長期休みは何度かあるのでいろんなところ行きたいなーとアクティブにいろんなところ行きたいと思っています☆

では三つ目に「研究室の配属」ですね。
これは大学生活という面で見ると一番大きな変化でしたね。
まだ自分の研究を持って何かをやってるというところまでいってないのですが、ゼミや先輩の実験手伝いなどを通して徐々に知識をつけているところです。教授方や先輩方もいいヒトたちばかりで研究室選びは失敗してないなと思う今日この頃。

ただゼミに参加するたびに痛感するは自分の知識不足。
本当まだまだ勉強が足りないです。研究室の分野的には授業ではあまり習うところではないので、積極的に自分から論文などを当たって勉強していきたいと思います。
ある意味とてもHOTな話題でもあるし、知識や情報を得るには今がとてもいい時期でもあるので。


と、まぁつれづれなるままに書いてみました。
自己反省的な記事なので他人からしたら微妙な記事かもしれませんねw
ただ自分の思いを書き残すのもこのブログの目的の一つ。そういう意味ではある意味一番目的に沿った記事かもしれないです。

上には書きませんでしたが、今年の自分の中で「twitter」も非常に影響を受けたもののひとつかもしれません。
1年前くらいにこっそり始めたtwitter、最初は自分の言いたいことや日常をつぶやいてただけでしたが、今年のブームの影響か徐々に増えはじめた獣医(学生)クラスタ。
その方々とのつながりや軽いディスカッション、そして実際に現場で働いてる先輩方からの生の情報。
これらはtwitterをやっていなかったら、得ることの出来なかったことだと思います。ボーっとしてると外部から隔離されてしまううちの大学(失礼ですが事実)。
なので自分にとってはtwitterは非常にいいツールになりました。今までは主に情報をもらう立場でしたが、来年はもっと自分から発信をしていき、もっとよりよいしようができていければなと思います。
facebookも一ヶ月前ほどから始めたので、そっちも有効利用していきたいところ。

最後にこのブログのこと。
このブログを開いてあと二ヶ月ちょっとではや二年。
自分が気分屋なもので、振り返ると書く月や書かない月の差が半端無かったですねw
ただ、その時々で自分の思ったことを書き記しているので、たまに読み返すと色々面白かったしw

とくに目的があってはじめたブログではありません。高校時代にもブログをやっていたので、その延長線上というか、ホントなんとなくで始めたブログです。
正直、まだ有効活用できているか、というと微妙な気はしますw
ただあまり気を張ってやると疲れちゃうので、ふと書きたいことがあったら書く場所。
そんなスタンスで来年もやっていこうと思います。
書きたいことは一杯あるんですけどねw

なんとなくですが、今まで少し書くのが臆病になってた獣医のことについても書いていこうかなとは思ってます。


では今日はこの辺で。
こんな拙いブログですが、何人かいつもコメントをくれる方々もいます。本当に感謝。
また来年もこんな適当なスタンスでやっていこうと思うので、どうぞよろしくお願いします。

ではみなさま良いお年を!
&ハッピーニューイヤー
(少し早いですが


今年最後のクリックお願いします☆
人気ブログランキングへ

昨日で講義は全て終わり、今日からわが大学は冬休みに入ります。
といっても研究室とかバイトなど色々あるので完全に休みと言うわけではありませんが。

というか昨日の今年最後の実習がまさかの22時過ぎまでかかるというなんともマーベラスなことが起きたので、ぶっちゃけ昨日は実習が終わっても「冬休みだー!!という感慨は全くわきませんでした(笑)
実習終わった後に後輩宅で同級生や後輩と飲んでたんですが、ようやくその時に徐々にあー冬休みなんだなー、となんとなく実感していきました。なんとも不思議な感じ。

というのも多分12月はテストや実習で色々と追われてたからでしょうね。やっぱ高学年になると忙しくなってきます。

さてそんなこんなで迎えた冬休み初日。
朝は昨晩に飲み過ぎたのか少々寝坊。そして若干の二日酔い←
起きると共にどんな天気かなーとカーテンを開けると、、、

とんでもない大雪orz

どうやら昨日の深夜から今日にかけて道東地方は大雪だったらしく(北海道東部で大荒れ 大雪や暴風続く見込み(NEWS24))、ものすっごい大雪でした。

車を掘り出すのにも時間かかったし、僕がここにすんでからの4年間で一番の大雪っていっても言いすぎじゃないぐらいの降雪でした。やっぱ北海道すごい。

「長期休みになった日に雪が降る」というキーワードがなんか記憶にあるなぁと思って、当ブログの過去の記事を見ると、去年の春休み初日にも雪降ってるっていうなw

参照:春休みが全く”春”じゃない件について[20100305]

なんだろう、そういう感じなんですかね。北海道ってのは(どんな感じ?)


前の記事でも言いましたが、一年のころには降ると若干テンションあがってた雪なのに、4年の今見るとむしろテンションが下がりますw
ある意味北海道に慣れてきたってことなんでしょうねw

ちなみに雪の影響か自分のバイト先(書店)でもお客さんが全然来ず、まさかの早退という事態にもw
クリスマス前なのでいっぱいお客来ると思ってシフトの人数増やしたのに。。
やっぱ雪って侮れないですね。

まぁそんな雪で始まった冬休みですが、せっかくの長期休みなので、自分の成長と言うか鍛錬にうまく使っていればなぁと思ってます。
獣医学を含め、自分はまだまだ未熟です。けど逆にそれは成長のチャンスが残っているということ。
学生生活は残り二年ちょっと。二年後の今頃は卒論終わって国試の勉強中だ。
時間はあるようで、ない。限りある時間でどれだけ自分を高められるか。
がんばっていきます。

なんか最後臭い感じに終わっちゃいましたが、今日はこの辺で(笑)
みなさんハッピーメリークリスマス!!

今日も今日とてクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

こんばんは、春雨です。
今年ももう12月が半分ほど過ぎ、来年の訪れもなんとなく視界に入ってきた今日この頃。
みなさんどうお過ごしですか?僕は何とか体調も崩さず元気にやってます(なにこの挨拶)

なんか最近一年がホント早いです。
どっかの研究レポートか何かで見たんですが「人生において“19歳”が精神的に一番一年を長く感じる年齢」らしいです。
19歳に近付くにつれ一年を長く感じ始め、逆に19を過ぎるとあとは死ぬまでどんどん一年過ぎるのが短く感じるそうです。何それ怖い。
けど、そう考えるとおじいちゃんやおばあちゃんら高齢者が「最近は一年前が昨日に感じるねー」とかって言ってたのも納得かも。

自分自身もすでに22歳。
研究で言う“ピーク”はとっくに過ぎちゃいました。こわいこわい。
その研究が正しいかどうかわかりませんが、確実に日々の流れを徐々に早く感じてきた今日この頃です。

さて、そんな年の暮れも近い今日の帯広。


004_convert_20101215002454.jpg


ついに雪降りやがった。゚(゚´Д`゚)゚。ウァ─ン

いや、先月もちょっとは降ったんですよ。
けどそん時は気温がまだ高かったせいもあってすぐに溶けたのに・・

雪が降ってテンションあがったのは一年の冬のみ。
二年の冬からは朝積もった雪を見ると反射でテンション下がる仕様にw
ある意味北海道に慣れてきましたよ。だって歩くのとか雪かきをかめんどくさいことが増えるんだもの。
もちろん、雪景色は好きです。スキーもソリ滑りもかまくら作るのだって好きです。
それらが雪ないとできないってのもわかっていますよ。

けどねけどね。
車の運転危険になるし、学校に行くのにも時間かかるようにもなるし、なんだか雪を見るとどうしてもデメリットを考えてしまう。。

一年の時に感じていた雪へのあこがれ。自然への尊敬。
そういうのは4年の今、自分の中でかなり少なくなってきました。
大学生活もあと二年と少し。
一年の時のように純粋で、また年を重ねて雪の酸いも甘いも知りつくして包括して楽しめる。
そんな広い心を持ちたいものです。

なんだかよくわからない展開になったけど、今日はこの辺で。
ではでは。

今日も今日とてクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

こんばんは。春雨です。

昨日今日の二日間はわが大学獣医学科の卒論発表会でした。
卒論発表会と言うのは、大学行ってる方はわかるかもしれませんが、卒業論文発表会の略です。
卒論というのは何と説明すればいいんですかねぇ・・

ということで我らがwiki先生に聞いてみると

卒業論文(そつぎょうろんぶん)は、大学(短期大学を含む)及び高等専門学校に所属する主に最終学年の学生が、その最終学年の一年間を通しておこなう卒業研究の成果として提出する論文の事である。

とのこと。

あーなるほど。
確かに的確な説明ですね。

ただ獣医学科では3~5年生で研究室に入る人もいるので、早い人では3年間ずっと卒論のために研究をやる人もいるかもですね(同じ獣医学科でも大学によって研究室に入る時期は違います)。
ちなみにうちのラボでは5年生くらいから卒論をやりだす人が多いかな?所属は4年生からなんですが、実際にがっつし研究始めるのも5年生くらいからです。
となると獣医学科の卒論は1年と言うか2~3年かけて研究した論文って感じですかね。

wikiでも書いてますが、医学部は卒論はなく卒業試験がその代わりらしいですね。
医学部の知り合いもそう言えばそんなこといってたなー。
wikiでは理由は「国家試験の対策(模試)のため」と書いてますが、獣医もあるよ・・(´・ω・)

普通の4年制ではいつが卒論発表か分かりませんが、基本的に獣医学科はどの大学もこの時期らしいですね。
まぁ2月末に獣医師国家試験(通称、国試)があるからその勉強期間を設けるためなんですが。

ていうかここまで卒論発表会の説明だけで埋まっちゃったよ、おい。
普通に卒論発表会の感想とか言って短めで終わろうかなと思ってたのに←


まぁいいや←
ではでは本題に。

そんなこんなで昨日今日と卒論発表会でした。
一日目は臨床系、二日目は基礎系と言うことでうちのラボの先輩方の発表は今日でした。

まぁ内容としては事前にゼミ内での予演会(リハーサル的な)で知ってはいたんですが、やっぱすごいです先輩方。すごい堂々と発表してたっすもん。

うちの大学のスタイルではパワーポイントを使って発表をするんですが、発表後に質疑応答があるんですよ。
この質疑応答が怖いw 
結構他研究室(ラボ)の先生方も見学に来るんですが、質問が容赦ないw
そこ聞くのかよ!とか見学者ながら思ってましたw
二年後にあの場にいると考えると((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

そして発表後は研究室内でプチお疲れ様会を開催~。
と言っても花束渡してケーキ食うという簡素なものでしたがー。
発表を終えた先輩方のほっとした顔が印象的でした。自分が言うのもおこがましいですが、本当にお疲れさまでした。

他の発表もいくつか聞いたのですが、それなりに収穫はありました。
今後自分のためにも活かせればいいな~~。


今日も今日とてクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

どもどもー。
お久しぶりです、春雨です☆

更新遅れたのは「ゼミ発表」というものがあったからです。
大学生の人(特に上級生)だと「あー」って納得してくれるかも知れませんが、大学生なら誰もが通る一大(?)行事です。

うちの研究室では毎週金曜日にゼミがあります。
基本的に一週当たりひとりが担当(発表)するのですが、やることはその週によって変わります。
研究室の課題に関係する論文を紹介する「ジャーナルクラブ(JC)」、自分の研究の進行具合を報告する「プログレスレポート」、後はなにか大きな学会や卒論発表会が近い時に発表者がまず研究室メンバーの前で同じ内容を話す予演会などがあります。後時たま先生が何か話してくれる時もあります。

で、今回後期に入り、研究室に入って半年が経った今の4年生(自分含む)にこのゼミの順番が回ってきました。。
テーマは「ジャーナルクラブ」。上にも書きましたが、いわゆる論文紹介です。
ちなみにこの論文ってのは全文英語です。

つまり単純に論文をまとめるだけではなく、その前に訳さないといけないんです。。
すごい久々に英語に触れた気がします。思うと、2年生の時にあった英語の授業から全く触れてなかったような・・。

まぁそんな感じで夏休みは論文約、夏休み後は論文の内容をまとめって感じでゼミの準備をしてきました。
役にも苦戦し、なおかつ論文の内容もまだ専門をしっかり理解してない自分にとってはなかなか難関でした。。参考書を見ながらまとめどうにか形に。

そして先週ついにゼミ本番!

・・まぁ結果は惨敗でした(笑)
色々突っ込まれたり、約の部分でおかしいとこを指摘されたり―。
やっぱ自分でも自信なくて無理やりごまかしたところとかってごまかせないですよね。うん。。

最初からうまくいくとは思ってなかったんですが、やっぱへこみますね(笑)
ただ先生や先輩方もよかれと思って言ってくれたりしたので、悔しいながらも嬉しかったで興味無ければ質問とか指摘すらないもんね。

ただ色々まとめとか約の仕方とかは今回の発表で勉強になりました。
またそのうちゼミ発表は順番が回ってくるので、それまで他の論文を読んだり、英語の勉強をして基礎を固めておこうと思います。
今の予定だと次のゼミ発表は次入ってくる新入生(今の三年生)の前でって感じなりそうだけど・・orz

ではでは今日はこの辺で―。
人気ブログランキングへ

どもどもー。
今日から後期の授業が本格的に始まりだしました。
本当は先週の金曜日に授業始まったんだけど、30分で終わったのでほぼノーカウント

後期の授業を曜日別に書くと下のような感じ。

月:獣医疫学、毒性学、内科実習
火:内科(座学)、繁殖、繁殖実習
水:外科(座学)、外科実習
木:伝染病
金:公衆衛生(座学)、公衆衛生実習

月~水が4コマフル単っていう(時間的に言うと朝の9時に始まって終わるの17時くらいだぜ!)

4コマフルとかは3年以前でもあったけど、ここまで連続してあるのは初めてかも。
まぁ外科とか内科とか臨床系が始まったのでしょうがないんですが。
臨床の実習は「やっと始まったか―」という気持ち&臨床には元々興味あったんでなかなかwktk状態です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

徐々に研究室でも研究っぽいこと始まりそうな予感なので、だんだんと勉強の方に時間割くようになりそうです。
まぁ元々上級生になったらそういうもんなんだろうなとは思っていたので、特に嫌とかはないですがw
とりあえず一コマ目に授業ある日が多いので、寝坊だけはないようにします。。
前期は少しばかしやらかしてしまっていたので。。

火曜日は朝から夜まで外科オンリーなので、体力的にもきつそうです(特に実習)。
獣医って体力勝負な面もあるので、ランニングとかして健康には気をつけていこうと思います(・∀・)
何事も身体が資本。

もう学生生活も後半戦!
無理しない程度にがんばっていきます!!

では今日はこの辺で~。

後期も変わらずクリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

さてさて今日で夏休みは終了です。
長かったようで短い休みでした。

今回の休みでは、

キャンプをしたり、
英語を勉強したり、
初めて論文の和訳をしたり、
BBQ&花火をしたり、
ヨサコイ踊ったり、
帯広の祭で半裸でみこし担いだり、
花火見たり、
室内で流しそうめんをしてみたり、
まったりドライブをしたり、
帰省して親と将来のことを真面目に話してみたり、
地元の友達とオールしたり、
一日中寝て過ごしてみたり、
獣医学会に参加したり、
アルバイトしたり、
他大の獣医学生やtwitter上での知り合いと交流したり、
研究室の同門会に出席したり、
ちょびっと勉強したり、
二か所ほど実習に行ってみたり、

色々やりましたヾ(*´∀`*)ノ


適当に夏休みやったことを思いだしながら箇条書きにしてみましたが、意外に書くこと多くてビックリ。
うん、結構充実してる夏休みだったと思います。

今回の夏休みは「今までで獣医の分野のことを多くやった夏休み」だったように感じます。
動物病院に実習行ったのもそうだし、学会が帯広であったのも大きかった気がします。
4年生になって研究室に入って真剣に将来のことを考え始めました。そのため今回は実習とかにも積極的に参加するように行ったのですが、やっぱりいい経験だったと思います。
だからと言ってもう将来の道を決めたかと言われれば、ぶっちゃけ言うと「まだ迷ってる」状況です(笑)
ただ、夏休み前は”何の材料もなく迷っていた”状態だったのですが、現時点では”実際に現場を見て迷ってる”状況です。
うまく言葉にはできませんが、このふたつの差は大きいです。

なんだろうなー、夏休み前は”漠然”とした悩みだったのが、”具体的”な悩みになったというか。。
なんとなく不安とかは無くなった気がします。夏休み前は試験中の忙しさもあって結構気持ち落ちていたので(笑)
より前向きに悩むようになってきたというのかな。

多分まだ一年間は悩むでしょう。実際に就職活動を始めるのはちょうど一年後のこれくらいだと思いますし。
ギリギリまで迷う気がします。けど、それでいいんじゃないかなと最近思い始めてます。
実際に就職して後悔するより、今思いっきり悩んでいた方がその後悔は少なくなるような気がします。
それに一年後までにいくらかまだ長期休みはありますし、特に分野にこだわらず獣医的な実習を色々やっていきたいと思います。
”実際に現場を観る”。将来を決める上でこれが一番大事な気がします。
来年の夏には今回いけなかった動物園実習とか行きたいなー。

まぁ色々ぐだぐだと書きつれましたが、今の率直な気持ちを吐き出しました。
さてさて俺は将来どんな獣医になるんでしょうかねー。わくわく半分、不安半分です。
とりあえず明日から学校!がんばっていきます!(もちろん勉強も←

ps,余りこのブログでは触れてなかったですが、実はこの一年とある学生団体の幹部をやっていました。
そしてその任期は今日で終わりです。一年間色々あったんですが、すごいいい経験となりました。
色々気持ちとか書こうかなと思ったんですが、ブログに書くにはあまりにも身内なものなので、このブログには書きません。
ただ本当に面白く楽しく勉強になった一年でした。
もし、このブログを観ている人の中で団体関係の方いましたら(いそうだけど笑)、本当に一年間お世話になりました。幹部という役からは外れますが、団体には残ります。また絡むことがあったらよろしく!

では今日はこの辺で―。

人気ブログランキングへ

予想通り、更新があきましたね汗

現状報告を言うと、現在実家に帰ってきております。
近況報告を兼ねて最後に更新した日から今日まで、何をやってたかを軽くまとめますー。

【3日】
この日から一泊二日のキャンプに出かける。ウォークラリーやBBQ,肝試しをやった。
肝試しがリアルに怖すぎてびびる。あと星がきれいで、やっぱ北海道いいなーと再実感。

【4日】
起床してスポーツ大会。昼ごろキャンプは終了するも、その後北大で某団体のMTG。
自分の役職的に最後の大仕事。あと、北大内でなぜかダッシュ。北大広すぎ。
その後団体メンバーで飲み、普通に楽しみました。花束や色紙もらえたよー。

【5日】
北大の後輩の家に宿泊。8時に札幌を出て、12時ごろに帰宅。
その日帰省する予定だったので急いで仕度。帰宅一時間後には空港にいるという奇跡。
その後なんだかんだで17時ごろ実家に帰省。久々の豪華な夕飯に泣きそうになる。
あと両親とも寝るの早すぎ(22時には二人ともご就寝)

【6日】
7時ごろ起床。午前、午後ともに特にやることはなかったので、比較的のんびり過ごす。
夜は高校時代の弓道部メンバーと久々に飲むということで溝ノ口に移動。再開。
飲んだり、カラオケしたりして楽しみました。途中爆睡してごめんなさい。

【7日】
飲みがオールだったので、七時ごろ帰宅。バスで乗りすごして終点まで行ってしまったのは内緒←
14時ごろまでぶっ続けで熟睡。起きるも二日酔い。夕飯を食ってちょっと作業して就寝。

【8日】
はい、ようやく今日です。
9時ごろ起床。台風の影響か大雨。午前中はとくにすることなかったので、地元の図書館へ行って何冊か本を借りることに。
母親も言っていたけど、図書館には定年退職したっぽいかたがたがたくさんいたなぁ。けど、そういう生活もいいなとも思ったり(まだ早い話だけどね)。午後はちまちまと作業したり本読んだりって感じ。


駆け足ですが、近況報告をつらづらと書きました。
こういう短文でもなにか中身のあること&面白いこととか文中にかければなぁと思うけどなかなか難しい。。
ここらへんは文章うまいブロガーさんだと見事にやっちゃうんだけど、その点では未熟です。

実家には14日までいる予定です。15日から帯広で獣医学会があるので、それにあわせて帯広に戻る予定。
それまでは実家で友人と会ったり、いろいろする予定です。
時間的にはそれなりに余裕あるので、どっか動物病院の実習行っとけばよかったなぁとも思うけど、それはまた今度帰省したときにでもします。

父親と酒を飲み交わすというのもなかなか楽しいです♪
「息子と飲むのが夢だった」といわれると嬉しいものですね笑

とりあえず今日はこの辺でー。

今日も今日とてクリックお願いします☆
人気ブログランキングへ



どもどもー。
ついに夏休みが半分終わった春雨です、こんばんは。
うちの大学は比較的夏休み長いんですが、それでも半分終わったとなると寂しいですね。。

タイトルにも書きましたが、明日からちょびっと忙しくなります。
具体的にいうと、明日明後日(3,4日)と獣医学生の集まりでキャンプ。その後札幌で団体関係のMTG&飲み。
5日に帯広帰ってきて、その日のうちに神奈川の実家へ。

なかなかハードスケジュールですつД`)

おまけに金も飛んでゆく((( ;゚Д゚)))

けどキャンプとかは前から楽しみにしていたイベントなので、それでもよいのです。
何事も経験が信条ですし。楽しんできます。

すこしばかしネットから離れるので(ツイッターはやるかもですがw)、次の更新は6日以降になるかなーと思います。
そのときは多分実家かな?

実家に帰るのは楽しみなんだけど、暑さが気になる・・。
今年は北海道ですら暑いのに、本州(しかも関東圏)行ったらどうなるのか(´・ω・)
とける可能性もありますね。。

まぁなにはともあれ明日から数日楽しんできます!
ではでは☆

クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

どもどもー。
すでに夏休みが折り返しに近いという事実に驚きが隠せない僕です、こんにちは。

twittewではちらほら触れていましたが、先週一週間ほど動物病院に実習行ってきました。
そんときの軽いまとめ(?)でも書こうかと思います。

実は今回が獣医的なものに限って言えば大学入って初めての実習。
別に低学年の時でも行けたんだけど、他のサークルやらバイトなんやらがあったので、4年の今年初めて行きました。そろそろぼんやりでも将来のことを現実的に考えないといけないし、その考える材料になればいいなと思って。

結論から言うと、非常にいい経験ができたなと思います。
実家では家が団地と言うこともあってペットとか飼えなかったので、動物病院自体にちゃんとは言ったことも実は初めてだったり(すごい小さい頃に付き添いでおばの家の近くにあった某N村先生の病院に行った記憶はあるけどw)。

基本的には

朝(診察前):スタッフさんが連れてきている居候の猫の世話とか診察室の準備
午前:先生に付いて診断&治療の見学
昼休み:手術があったら見学、なかったら昼飯
午後~夜:診断&治療見学
診療時間後:掃除や片づけ

ってローテーションでした。
大体朝8時半に行って、病院でるのは20時半ごろだったかな。早ければ20時には出れた時もあったけど、基本的にはそんな感じでした。

VT(看護師)さんや先生に教わって居候猫の投薬とかもやってみたけど、難しかったです。。ホント猫ちゃんストレスかけて申し訳なかった><
ただ最後の方になると格段に投薬はスムーズにできるようになっていたと(自分の中で)思ってるので、やっぱVTさんも言っていたけど経験や努力が大事だなと思ったり。

診療では色々見れました。
病院的にはそこまでおおきいところではなく(毎日獣医師3人、VTが大体5人くらいいる)、一次診療が主なホームドクターって感じです。ただ僕がいた時はなかったけど、院長が外科が得意なので、たまに近隣の動物病院から患者さんが紹介されてくることもあるとか。

診療を見ていて思ったことは「高齢のペットが多い」こと。
最近はペットの環境(餌とか)が良くなってきて高齢化が進んできてるとは聞いてたけど、予想以上に多くてびっくりしました。21歳の猫が来た時は本当にビビったw(俺と同い年w)

ただ、病気の原因がわかっていても高齢や併発症の関係で麻酔かけれない(=手術できない)ケースも多いみたいです。ペットのターミナルケア(終末医療)も考えさせられましたね。。

あと個人的にあれだったのが、時たま患者さんのオーナーでうちの学生が来た時のなんともいえないこしょばゆさw
基本的には「友人」より「患者さんのオーナー」って方が優先的なので、先生の前では敬語でした。当たり前のことなんだけど、なんか変な気分だったw
あと、某教授の奥さんが来たりとかサプライズもあったねw

手術ではヘルニアとか腫瘍切除など見ました。
実質動物の外科手術をあんな間近でみたのも初めてだったので、すごい勉強になりました。
初めての動物病院実習で他のところを知らないから断言はできないけど、普通に院長の技術高かったような。。

あと抜歯とか歯石除去とかもよく見さしてもらいました。
最近はペットの歯関係の問題もよく起こるらしいです。(これ以降はわからんけど)大学ではあまり口腔内のことはやらないのでここらへんも勉強になりました。

空き時間では院長や勤務してる先生方、VTさんと色々しゃべれてそれもいい経験になったかなと。
一言で小動物臨床医と言っても色んな人生あるんだなと思いましたw(ここではさすがに書けないエピソードも色々w)


まぁ徒然に感想を書いてみました。
まだ小動物臨床の道に行くことを決定しているわけではないですが、将来のことを考える上ですごいいい実習になったと思います。職場の雰囲気もすごいよかったし、院長をはじめスタッフのみなさんもいい人たちばかりでした。

この夏休みではあと家保の実習しか実習はないですが、今年の冬や春の長期休みでも何件か動物病院の実習に行こうかと思います。一軒だけだとなんとも言えんしね。
あと、できるのであれば動物園や共済の実習とかも行きたいなぁと思っています。

では今日はこのへんでー。

クリックお願いします☆
人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。