ある獣医学生の思ったこと、考えたこと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと思い立ったことがあったため、いつもとは違うテイストな記事を書きます。

現在、獣医大学を取り巻く環境は色々変化してきつつあると思います。
四国に獣医学科設立を検討しているだの、あそことあそこの獣医学科が合併するなど、、、

そんな中、ふと思ったこと。
「自分って自分の大学がなんでできたのか、はなんとなく知ってるけど、他の大学のことってあまり知らないよな。もしそれまとめれば、今四国に獣医学科が必要なのかとか、そういうことを考える材料になるんじゃないか?」
ということ。

つうことで完全に個人の趣味的発想ですが、やってみたいと思います。
名付けて「各獣医大学の歴史まとめ」(わあそのまんま)

皆さんにお願いしたいことは以下の通り、

各大学の「大学の設立年月」「獣医学過程の設立年月」「その大学に獣医学過程がある理由(設立された目的)」「その他獣医学過程の歴史に関するエピソード」を知っていたらぜひ教えてください!
コメント欄、ほかtwitterの自分のアカウント(@harusame1118)の方に情報を教えてもらえるとうれしいです!
自分の在籍or出身大学、他大学、どんな情報でも構いません。基本的に大学別の情報がほしいですが、獣医学全体の歴史等の情報でも大歓迎です


まとめたものは自分のブログ等にアップする予定です。
情報元なくてもいいですし、こんなの使えるんじゃない?という書籍、WEBページあればぜひ教えてください。完全に個人の趣味でやるものなので、どんなかたちでまとまるか、何の役に立つのか一体全体どうなるかわかりませんが、ほかの人にも有用なものができたらいいなぁと勝手に思っています。

ではでは(いればですが)ご協力お願いいたします。

人気ブログランキングへ


少し前の話ですが、1月18日に大学内で行われた生物多様性に関するセミナーに参加してきました。

013_convert_20110122234226.jpg

少し前から生物多様性について興味を持っていた自分にとってはこれはチャンス!
ということで授業終わってからこっそり聴きに行ってきました。

感想としては「行って良かった!!」の一言です。
実際にCOP10に行かれたり、多様性について色んな観点から調査をされている御二方の講師の御話はすごく勉強になりました。
多少自分でも関連書籍読んで勉強しているのですが、初めて知ることも多かったです。
やはり“実際に動いている人”の生の声は違うな―と再実感。


あ、COP10や生物多様性についてよく知らないという方はこちらのページを。
よくまとまっていて分かりやすいサイトです。

実は、獣医学とも生物多様性は深い関連性を持っています。
自分が興味ある感染症の分野でも多様性は非常に重要。
極端な例を言うと、多様性があるからこそ、一種類のウイルスや細菌で
多くの生物が同時に死ぬことは無いのです。
もしも地球全体で遺伝子的に近い生物ばかりが生息していたら、
その生物にかかりやすく、かつ死亡率が高い病気がはやった場合、皆死んでしまいます。
けど今の地球では色んな生物が住んでいるからこそ、なにかしらの強い感染症が蔓延しても
全ての生物が死ぬわけではないのです。いや、これはホント極端な話ですけどね。
あと動物用の薬の原料にも生体由来のものは少なからずあり、もし多様性が失われ、
これらの生物がいなくなってしまったらー、と考えると怖いですよね。

自分もひょんなことで興味を持ち始めた生物多様性ですが、
知れば知るほど奥が深いな、と日々実感しています。

とりあえず講演中はひたすらメモ取りまくり(笑)
ここでもポメラは役立ちました。ポメラいいよ。

その時のメモをこの記事の「続きを読む」に載せておきます。
ちょっと長いので、もし興味ある人はこの記事の最後のある
「≫[生物多様性講演会に行ってきました。]の続きを読む」をクリックしてください。
完全に自分のログ用なので、見にくかったらすいません><


今後も多様性についてはアンテナ広げて勉強していこうかな―と思います。
では今日はこの辺で。

クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ

[生物多様性講演会に行ってきました。]の続きを読む
東京都が作成したパンフレット。
非常によくできています。

もし、今犬をペットとして飼おうとしている方、この先飼うかもしれない方、

実際に飼い始める前に、下のアドレスから飛んで、ぜひ一読してください。

これ以上、不幸な犬を増やさないために。そして何より貴方が後悔しないために。

犬を飼うってステキです
              -か? 


http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

人気ブログランキングへ


こんばんわー。
今日は珍しく(←)獣医の話題をば。

漫画「獣医ドリトル」がドラマ化されるようですね(公式サイト)。



最初聞いたとき、「え、、まじで!?」とホントに驚きました。
元々この漫画は知っていたのですが、まさかドラマ化されるとは露とも思っていなかったので。
てかそんなに有名だったのかという感じです。

現在この漫画8巻まで出ていて僕は大体5巻が出たあたりから買い始めました。
たしか大学一年のころかな。
けど、最近までそこまで売れてる気がしてなかったなぁ(失礼)。
ぶっちゃけ「俺だけが知ってるマイナーだけど、面白い漫画」的な立ち位置でした(さらに失礼)。
なので、いきなりドラマ化と聞いてびっくりしたのです。

あ、ちなみにこの漫画は全巻持ってますー。
獣医漫画だから買ってるというのもあるのですが、普通に内容も結構好きです。
多少「これはやり過ぎだw」という突っ込みもないこともないですが、まぁ漫画ですしw
ただ結構「社会問題」や「飼い主側の問題」にも深く掘り進んでる点が気に行ってるとこかもしれないです。


“「ペット問題」を取り上げてる獣医漫画”では「MF動物病院日誌」もありますが
「獣医はビジネス」と言いきっちゃう獣医が主人公の獣医漫画は珍しい。



これについてもそのうち取り上げたいなぁ・・

なにはともあれドラマでも漫画と同様にペットをとりまく様々な問題を取り上げてもらいたいです。
なんだかんだでこういうものは社会への影響力強いものだし!個人的には期待!
「獣医ドリトル」は10月17日夜9時よりスタート!

TBSの回しもんじゃないよ―

人気ブログランキングへ

はい、内容もタイトルと同じです(笑)

ついに明日から動物病院実習が始まります~。
実は大学入って、実習とか行くのは初めてです。
理由としては元々獣医の実習先って高学年(4年以降)じゃないと受け入れないって所も少なくないですし、自分も3年まではサークルやらなんやらで暇なかったので・・

あ、ちなみに上記で「低学年は実習で受け入れが少ない」ってとのは「低学年=獣医学の知識少ない=ぶっちゃけ足手まとい」という理由だとか・・。
まぁ最近ではそういうのもなくなって低学年でも実習受け入れる動物病院もあるらしいですが。

なにはともあれめっちゃ緊張していますw
いや、もちろん楽しみもあるのですが、本当に俺行っていいの!!?っていう不安の方が多いです。
いやまぁそんな専門的なことやらされるわけではないのは知ってるんですが、、ねぇ・・(何)

うん、けど学べるものはしっかり学んで来ようと思います。
将来まだ何やるかは分からないけど、小動物臨床も選択肢には入ってます。
今回の実習で将来の進む道決める!とはさすがに言わないし思わんけど、選択する上での材料になればいいな。というかします。


あああああ、本当緊張してきたああああああああああ。
ここまでうろたえるのも珍しい(笑)


あんま気負いせずに頑張ってきます。
実習時間上、夜はそれなりに遅くなるのでブログの更新はあまりできないかとは思いますが、twitterの方で毎晩軽いその日のまとめとかはつぶやこうかなと思うので、もし暇だったら見てください。

ではではー

クリックお願いします☆
人気ブログランキングへ

理想の獣医師とはどういうものなのでしょうか?

どんな病気でも天才的技術で治せる獣医?
動物の気持ちがわかる獣医?
それでは公務員獣医師は獣医師ではないのか?製薬会社に勤める獣医師は?

結局理想の獣医師像っていうのは人それぞれなのかもしれません。
獣医師自身が思う理想像と、臨床であれば飼い主さんが思う理想の獣医師像でも大きな違いがあるだろうし。
まぁそんなことを思っていたら、たまたま「獣医師の誓いー95年宣言」という文章を見つけたので記載。

人類は、地球の環境を保全し、他の生物と調和を図る責任をもっている。特に獣医師は、動物の健康に責任を有するとともに、人の健康についても密接に関わる役割を担っており、人と動物が共存できる環境を築く立場にある。
獣医師は、また、人々がうるおいのある豊かな生活を楽しむことができるよう、広範多岐にわたる専門領域において、社会の要請に積極的に応えていく必要がある。
獣医師は、このような重大な社会的使命を果たすことを誇りとし、自らの生活をも心豊かにすることができるよう、高い見識と厳正な態度で職務を遂行しなければならない。

以上の理念のもとに、私たち獣医師は、次のことを誓う。

1. 動物の生命を尊重し、その健康と福祉に指導的な役割を果たすとともに、人の健康と福祉の増進に努める。
2. 人と動物の絆(ヒューマン・アニマル・ボンド)を確立するとともに、平和な社会の発展と環境の保全に努める。
3. 良識ある社会人としての人格と教養を一層高めて、専門職としてふさわしい言動を心がける。
4. 獣医学の最新の知識の吸収と技術の研鑽、普及に励み、関連科学との交流を推進する。
5. 相互の連携と協調を密にし、国際交流を推進して世界の獣医界の発展に努める。


どうやらこれは獣医師会で95年に採択された文章のようです。
目新しいことが書いてあるわけではありません。ただ獣医師の卵である僕ら獣医学生も忘れてはならないことが随所に見られます。なんとなく紹介したかったのでここに載せました。
いわば初心忘れず。常に自制しなければ―。

さてさて僕自身の理想の獣医師像とは何なんでしょうか?
答えはまだまだ出せなそうです(いまだ人生迷いチュー)・・


クリックよろしくお願いします―。
人気ブログランキングへ

若干今さらですが、9月の16~18日にうちの大学で獣医学会(正式には日本獣医学会学術集会)が開かれます。

日本獣医学会学術集会というのは獣医学会とい獣医師の組織が毎年春と夏に開催する
大規模な学会のことです。まぁどんな分野でも学会というのはあるかと思うので、それの獣医版と考えてもらえればOKです。
僕自身は一回しか(しかもちょっとしか)参加してないので詳しいことは分かりませんが、教授をはじめ、現場で働いている獣医師、そして学生などが日ごろの自分の研究成果を発表する場らしいです。
らしいというのはがっつし参加したことのないことから来る、自信なさの表れですw

んでその獣医学会が今回わが大学で開かれます!
うちの大学で獣医学会が開催されるのは10年ぶりらしいですw

色んなところから話を聞いてると、他大学の獣医学生も来るみたいです。単純に話を聞きに来るだけ、もしくは自分が発表するなど目的は違っても、今聞いてる感じだと僕の知り合いも何人か来るそうです(大体高学年の人が多いですが)。

実はあったこと無くて、twitterでの絡みしかない人も多くいるので、地味に楽しみですw
個人的にどこかで飲み会でも開けたらなぁと考え中。さてはてどうしたものか。

とりあえず獣医学会楽しみだ!

クリックよろしくお願いします☆
人気ブログランキングへ

こんばんは。最近停滞気味の春雨です(´・ω・`)
書きたいことは色々あるんだけどちょっと時間がないんですー。

ただ今日はどうしてもブログでみなさんに伝えたいことがあるので久々にブログを書きます。

それは「口蹄疫」のことです。
4月下旬に報道されてからあまりメディアには出なくなった口蹄疫。おそらく口蹄疫がどのようなものなのか知っている人は多くはないと思います。

今回その口蹄疫について僕が所属してる学生団体の知り合いが、非常によくまとまった文章を作ってくれたので以下に添付します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月下旬にニュースに登場してから,報道から遠ざかっている口蹄疫。

口蹄疫ってなに?
人間にうつるの?
肉や牛乳は流通しているの?たべても大丈夫?

この日記は,口蹄疫についての正しい情報を発信し,風評被害を最小限に抑えるために公開しています。


2010年4月20日,宮崎県で牛数頭が口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いがあると発表されました。

その後,これらの牛が口蹄疫に感染していたことが確認されました。

感染が確認された牛,および同じ牛舎で飼育されていた牛は,速やかに殺処分されましたが,
4月27日には,牛よりもウイルスの増殖しやすい豚での感染が確認され,
5月10日の発表によると,7.4万頭もの牛,豚,水牛の殺処分が決定されました。


口蹄疫は法定伝染病(法律で対応が細かく定められた伝染病)であり,発生時の対応はすべて,法律に基づいて行われます。

口蹄疫は口蹄疫ウイルスによって起こります。
口蹄疫ウイルスが偶蹄類(ひづめが偶数ある動物、牛など)に感染すると、口や蹄に水ぶくれを作ります。この水ぶくれがやぶれると赤むけになります。
そのため、感染した動物は食欲がなくなり、家畜としての価値がなくなります。
人間は偶蹄類ではないので、口蹄疫にはなりません。

口蹄疫ウイルスは非常に伝播力の強いウイルスで、接触や風に乗っても感染が拡大します。
感染の拡大を防ぐために、感染が確認された動物だけでなく、一緒に飼育されていた動物も殺処分されます。
また,感染が確認された地域では移動規制が敷かれます。
10日現在では7.4万頭の殺処分確定に留まっていますが,過去に口蹄疫の大規模な発生があった台湾(1997年、385万頭のブタが殺処分)やイギリス(2001年、400万頭以上殺処分)では感染の拡大によってより多くの家畜が殺処分されました。

感染が確認された動物や疑われる動物は速やかに殺処分されるため、感染動物の肉や牛乳が市場に流通することはありませんが,万が一それらを摂取しても,人間に感染することありません。つまり,人の健康には何も問題ありません。

今回、口蹄疫が発生した宮崎県は、畜産業の盛んな地域であり、今回の発生による損害は相当なものになります。
もし、わたしたち国民が本来安全である牛肉や牛乳を危ないと考え、消費を止めると、日本の畜産業は殺処分に加えて,さらなる大打撃を受けるでしょう。

この文章を読んでいただいている皆さんにお願いしたいのは、正しい知識を共有していただくことです。

10年前に宮崎と北海道で口蹄疫が発生した際には、風評被害により、たくさんの農家の方が損害を被りました。

二度と同じ過ちをしないために、正しい情報を広めませんか?

ちなみに、最新情報はこちらからご覧になれます。

・「宮崎県HP」では,最新の情報や対策がご覧になれます。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html
・「農林水産省HP」では,最新の情報や対策がご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html

*注意*
宮崎県や農林水産省では現在,口蹄疫の対応に追われています。
むやみに問い合わせをしないよう,よろしくお願いします。
寄付などの問い合わせについては,以下コミュニティーや動画からご覧になれます。

・mixiコミュニティー「口蹄疫」では,現地の声が聞けます。
http://mixi.jp/view_community.pl?guid=ON&id=4993025

・youtubeで宮崎への寄付金を希望される方への動画が配信されています。(ふるさと宮崎寄付金によるもの)
http://www.youtube.com/watch?v=yw3eBMLvKFE

・「口蹄疫発生マップ」では現在の発生地域が確認できます
http://maps.google.co.jp/maps/ms?cd=2&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=103101097783275073929.000485d8ff7f0abb64dbf
*注意*
現在、現場の方々の懸命な対策のおかげで、感染は一部地域のみでとどまっています。
むやみに現地に行かないよう、お願いいたします。


最後に,皆さんにお願いしたいことがあります。
・口蹄疫に関する間違った噂に流されないでください。
・感染した畜産物が流通することはありませんので,今まで通り,牛乳や肉を買ってください。
こうすることが,現地の方々の励みになればと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがだったでしょうか?
今回の口蹄疫騒動は(理由は諸説ありますが)新聞やTVではあまり報道されずほとんど情報がネットでしか手に入らないという稀有なケースです。そのためか根も葉もないうわさや嘘も多く流れました。今回はその誤解をなくし、少しでも正しい情報が回ることを願ってこの文章を転用しました。書いてくれた知り合いに感謝。

1日でも早く口蹄疫の蔓延が収束することを願って。


獣医学生の最終関門として「獣医師国家試験」というものがあります。
その名の通り、獣医師免許を取るための試験で、これに落ちたら例え大学を卒業できても獣医として働くことはできません。
この免許は農林水産省が発行する、極めて公的な免許です。免許が無いと医療行為は違法であり、その他獣医師免許が必要な職に就くことはできません(食肉検査とか)。

この試験を受けるのは6年生の3月上旬、そして結果発表は3月の中旬、つまり卒業直前です。
つまり単位上卒業はできても、この試験に落ちたら・・内定は無くなります泣
なんと恐ろしいシステム。落ちた人は大学に研究生として残って来年の試験に備えることが多いそうです。
それ以外は実家に戻って在宅浪人するとか・・(詳しいことは不明、というか知らない)

まぁ毎年大学によって差はあれど、平均して85%以上は合格してるんですけどね。
歯科医師の試験に比べたらはるかに高い合格率なそうな。


んで今日はその獣医師国家試験の合格発表でした。

僕自身はまだ三年生なので直接は関係しないのですが、
今年の6年生には何人か知り合いがいるので、結構気になってました。
6年生の人たちの緊張は半端なかっただろうなぁ。もろに将来に関係するし。

で結果発表。
どのように発表されるのか知らなかったのですが、
昼ごろから徐々にmixiやtwitterを通じて先輩方の合格報告が見られるように。
ふたを開けてみたらうちの大学はなんと合格率100%という大成功ぶり。つまりうちの大学から受けた先輩方は全員合格ということです。メデタイ(*´д`*)

例年を見てもあまり合格率100%ないらしいのでかなり嬉しいことです。
先輩方おめでとうございます&おつかれさまでした(*´∀`*)

3年後は自分の話ですね。
まだ先の話だと思いたいけど、あっという間なんだろうなー。
その時にあわてないように今から勉強頑張りますか。けど春休みになって色々と忙しく勉強できてない・・
4月からがんばります(死亡フラグ)

明日は卒業式なので6年生の先輩方には直接お祝いの言葉言っときまーす。
ではでは今日はこの辺で。

人気ブログランキングへ


先日紹介した「新獣医学辞典」[20100221]

辞典に載ってる最初の言葉は「IAHAIO(アイアハイオ)」
009_convert_20100222012345.jpg


最後に載ってる言葉は「椀頭動脈(わんとうどうみゃく)」でした
010_convert_20100222012406.jpg

椀頭動脈は解剖とかで勉強したから知ってるけど、
IAHAIOとか初めて聞いたなぁ。

獣医の世界は奥が深い。


≪追記≫
さすがにこれだけだと初見の人にあれなんで、一応意味も載せときますw

IAHAIO
IAHAIOは、人と動物との相互作用の正しい理解を促進させるために
各国で活動している学会、協会等の国際的な連合体


人と動物の関係とかを研究している国際組織らしいです。


椀頭動脈
大動脈弓から最初に分枝し、右の胸鎖関節の後ろで
右腕への右鎖骨下動脈と頭への右総頚動脈に2分枝するまでの血管


文字にすると難しいw
わかりやすい図がwikipediaにあったので興味ある人はそちらを参照してください。

ちなみにAIHAIOはwikipediaにすら載ってなかった・・・

【関連記事】
-[春雨]新獣医学辞典[20100221]

人気ブログランキングへ

獣医関係者御用達(というか獣医関係する人しか使わない)の新獣医学辞典。
獣医に関する全20分野、30000語の専門用語がはいってるそうです。

003_convert_20100221004514.jpg

僕自身もレポートや試験勉強で大変お世話になってます。
本当に使えます、これ(ただし獣医関係者のみ)。

ただ値段が少々高いので(16,000円也)、今は買えないので図書館で参照するくらい。
けど家にあれば絶対便利だと思う一品。そのうち買いたいな(改訂版でるのかな?)。


お家に一冊の獣医学辞典。
ああなんて素敵なアカデミックライフ。憧れます。

あなたの本棚にも一冊どうですか?


・・以上途中から試験勉強でおかしくなってるいち獣医学生によるエセTVショッピングでした~
本当に疲れてるな、おれ・・・

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。